ルヴァンカップ決勝!

元の記事へ移動

リーグ戦はおやすみですが、明日はルヴァン杯の決勝
が埼玉スタジアムであります。対戦はレッズとガンバ。
これまでもいろんな舞台の決勝でたたかってきた両チ
ームですが、今シーズンの対戦では1勝1敗。
今シーズンの決着をつける試合ですね!

直近のリーグ戦ではレッズは第10節以降負けなし。
ガンバもレッズ以外に負けなしのようです。
ただ両チームを負かしているのがヴィッセルという
のがおもしろいかもしれませんし、勝つためのヒント
になる可能性がありそうです。

両チームとも大きな変更はなくこれまでの試合をベ
ースにやってくるはず。
見ごたえのある試合になりそうですが、試合以外にも
コレオとかスタジアムの空気とかも現地にいたら楽し
めるでしょう。

うらやましい。。。


それにしても『紙兎ロペ』のコラボは無理があるなぁw


_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ
にほんブログ村テーマ Jリーグ、J1へ
Jリーグ、J1
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

『横浜FC×横浜ビー・コルセアーズ コラボTシャツ付チケット』販売のお知らせ

元の記事へ移動

このたび横浜FCでは、今盛り上がっているBリーグに所属し、同じ横浜を本拠地に置く横浜ビー・コルセアーズとコラボし、『横浜FC×横浜ビー・コルセアーズ コラボTシャツ付チケット』を販売いたします。横浜FCのオフィシャルクラブトップパートナーである「soccer junky」、横

【お知らせ】10月15日(土) ヴァンフォーレ甲府との練習試合をご観戦予定の皆さまへ

元の記事へ移動

10月15日(土)に行うヴァンフォーレ甲府との練習試合につきまして、ご観戦を予定されている皆さまへ下記の通りに注意事項をお知らせいたします。■対戦相手:ヴァンフォーレ甲府■日時:2016年10月15日(土) 12:30キックオフ※45分×2本+30分×1本(予定)■場所:アルディージャ練

[C大阪]岡山戦に出るために――。GKキム・ジンヒョンが、負傷を抱えながら韓国代表に合流した理由

元の記事へ移動

%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%88c%e5%a4%a7%e9%98%aa%ef%bc%89

 14日、C大阪は今節の岡山戦に向けて攻守の確認を行った。その後のシュート練習で好守を連発したのがGKキム・ジンヒョンだ。
 練習後は、「(韓国)代表から帰ってきて、疲れや気を緩めた姿は見せたくなかったし、みんなにも集中しているところを示したかった。自分はいままで、このクラブでいろいろな経験をしてきたので、自分自身が(率先して)集中する雰囲気を作らないといけないという気持ちもあった」と語り、あらためて、その存在の大きさを見せつけた。
 開始早々に相手選手と激突し、前半のみで交代を余儀なくされた前々節・清水戦(1●2)の悔しさも心に残っている。
 「清水戦は自分がやるべきことをやり切れなくて悔しかった。最後までやりたかったけど、中途半端な状態で出るなら、丹野(研太)選手が出たほうがいいと思った。自分が(後半も)出ていたら結果はどうなったか、ということは分からないけど、最後までチームを引っ張れなかったことが悔しかった」と振り返り、今節への力に変える。
 清水戦後はロシアW杯最終予選を戦う韓国代表に合流したが、そこでも試合に出られず、悔しさが募った。負傷を理由に辞退することは、「考えていなかった」という。そこには、韓国代表への忠誠心と、C大阪に対する、ある思いがあった。
 「清水戦が終わった後も100%の状態ではなかったけど、練習も含めて韓国代表をサポートしたかった。もちろん、試合に出ることになれば、自分の出せる最大限の力を発揮しようとも思っていた。それに、(負傷を理由に)韓国代表を辞退したら、代表が解散して5日間は試合に出ることができない、というルールもある。今回で言えば、13日に解散したから、今節の岡山戦には出ることができなくなる。そういうことも分かっていたので、多少の痛みは残っていたけど、韓国代表に合流することを決めた」
 J1自動昇格を争う岡山とのビッグゲーム。強い気持ちで最後尾からチームを支えるキム・ジンヒョンのプレーから目が離せない。

ペットボトル投げ込みで試合中断…千葉が大暴れサポ4名に入場禁止処分

元の記事へ移動

ペットボトル投げ込みで試合中断…千葉が大暴れサポ4名に入場禁止処分
 ジェフユナイテッド千葉は14日、8日にあったJ2第35節の京都戦において、サポーターによる試合運営管理規定違反があったため、該当者に処分を下したと発表した。

 千葉は同試合に0-3で敗戦。プレーオフ圏内とは勝ち点差11に広がり、今季のJ1昇格も厳しくなっていた。試合後にはサポーターの厳しい声に対し、一部の選手が応戦したとして、クラブは公式サイトで謝罪する事態となっていた。

 今回発表された違反者は4名で、ピッチへのペットボトル投げ込みにより試合を中断させた者と、選手への太鼓バチの投げ込みを行った者には、ホームゲーム8試合の入場禁止。その間のアウェーゲームの観戦も禁止される。さらにフィールドへの拡声器の投げ込みと、フィールドへのタオルマフラーの投げ込みを行った2名には、ホームゲーム2試合および、その間のアウェーゲームの入場禁止処分が科された。