[鳥栖]天皇杯・G大阪戦に向けて調整中の谷口博之、「実戦勘は気にしていない」

元の記事へ移動

 リーグ戦終了から約1カ月という空白期間を経て、今週末の26日、天皇杯準々決勝・G大阪戦に臨む鳥栖。真剣勝負の場から1カ月も空く難しさもあると心配したが「大丈夫っすよ。俺、元々、実戦勘とか気にしていないし」とまったく、意に介していなかったのが谷口博之だ。「俺は良い結果が出ると思ってますよ」と週末の試合に向けても頼もしいコメントを残していた。

 そんな谷口だが、「天皇杯を獲りたいし、個人的には元日決勝に行ったことがないので元日決勝、やってみたいですよね」と話したように、元日決勝への憧れが少なからずある様子。記者陣からの「元日味スタ、連れて行ってください」という懇願には「本当は休みたいんじゃないの~?」と笑顔で返していたが気持ちはもちろん、天皇杯優勝を見据えているはず。万博で頼もしい姿を見せてくれるはずだ。

[浦和]「MVPを狙っていきたい」。槙野智章が目指すのは中澤佑二や闘莉王のような絶対的存在感

元の記事へ移動

 21日、Jリーグアウォーズが行われ、浦和からはGK西川周作、DF槙野智章がベストイレブンに選ばれた。

 広島時代の2010年以来、2度目のベストイレブンとなった槙野は明けて22日、「間違いなくこの賞は個人だけの賞じゃないと思うし、たくさんのいろんな人の支えがあっての賞だと思う。本当にチームメートのおかげだと思っている」とあらためて仲間に感謝した。そして「ベストイレブンに満足せず、もうひとつ上のMVPを狙っていきたい」とさらなる目標も語った。

 MVPはどうしても攻撃の選手が受賞しやすいが、槙野は「まずはチームが優勝すること。そして中澤(佑二)さんと(田中マルクス)闘莉王さんみたいに絶対的な存在感とDFとしての能力を存分に出していかないといけないと思う。『この選手がいるだけでゴールが奪えない』とか『あの選手がいるから空気が変わる』という存在になっていかないといけない」とチームとして結果を出すことと自身のさらなる成長を目指すことを改めて誓っていた。

盛岡がGK横山&DF畑本と契約更新

元の記事へ移動

 グルージャ盛岡は22日、GK横山卓司(25)、DF畑本時央と契約を更新したと発表した。

 横山はクラブを通じて「来シーズンも盛岡でプレーさせて頂くことになりました。盛岡のために全力で戦いますので、熱い応援よろしくお願いいたします」とコメント。畑本も同様に「今季は個人的にもチーム的にも苦しく悔しいシーズンになってしまいました。来季はグルージャ盛岡を応援、支援してくださる全ての人に感謝しながらプレーし、チームに貢献したいと思っています」とコメントしている。


●2016年Jリーグ移籍情報

【2/14千葉戦】第21回千葉ダービーマッチ『ちばぎんカップ』開催のお知らせ

元の記事へ移動

2016Jリーグプレシーズンマッチ 第21回ちばぎんカップ『ジェフユナイテッド市原・千葉vs 柏レイソル』が、2016年2月14日(日)に下記の通り開催されることが決定しました。新シーズン開幕の声を告げる伝統のカップ戦への応援、ご観戦をどうぞよろしくお願いいたします。■大会

盛岡DF田中舜がアスルクラロ沼津へ完全移籍

元の記事へ移動

 グルージャ盛岡は22日、DF田中舜(27)がアスルクラロ沼津に完全移籍すると発表した。田中はクラブを通じて、「グルージャでJ3昇格、そしてJリーグでプレーできる喜びを多くの方々と分かち合えたことは自分の人生の大きな財産となりました。本当にありがとうございました」とコメントしている。

以下、プロフィール
●MF田中舜
(たなか・しゅん)
■生年月日
1988年3月15日(27歳)
■出身地
静岡県
■身長/体重
177cm/72kg
■サッカー歴
清水東高-立教大-アルテ高崎-JAPANサッカーカレッジ-盛岡


●2016年Jリーグ移籍情報