CL決勝&EUROの展望を語るブッフォン 「優勝候補はスペイン、ドイツ、フランス」

元の記事へ移動

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/18(水) 16:13:50.32 ID:CAP_USER9.net

ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝では
レアル・マドリーの優位が予想されるとしながらも、アトレティコ・マドリーが優勝しても驚かないと語った。
夏に開催されるEURO2016に向けた展望も語っている。

今月28日にミラノで開催されるCL決勝は、2年前と同じくマドリッドダービー。
前回は後半アディショナルタイムに同点に追いついたレアル・マドリーが、延長戦で3点を奪って勝利を収める結果となった。

10日後に迫った欧州の頂上決戦に向けて、ブッフォンはスペイン『コペ』に次のように話している。

「レアル・マドリーの方がこういう試合でプレーすることに慣れている。有利なのは確かだろうね。
(だが)アトレティコは、プレースタイルやプレーの組織や激しさを考えれば、倒すのが最も難しいチームだと思う。
アトレティコが勝ったとしても驚かないよ」

「前回の決勝でのアトレティコの負け方はすごく残念なものだった。運に恵まれなかったね。
もう勝てたと思えた試合で93分にゴールを許してしまったんだから。
アトレティコは間違いなく牙を研いでいるだろうし、レアル・マドリーが勝つためには必死の戦いが必要だと思う」

夏にはフランスでEURO2016が開催され、ブッフォンもイタリア代表として出場することになる。
優勝候補だと考えられるのはどのチームだろうか。

「スペイン、ドイツ、フランスの3チームが間違いなく優勝候補だと思う。それから、サプライズとしてベルギーだ。
すごく才能ある選手たちが今の世代に揃っているから、十分に注目すべきチームだよ」

イタリア代表は優勝候補の一角から外しながらも、苦戦が予想されるときこそ
何かを起こすことができるチームだとブッフォンは主張した。

「僕らは少し困難な状況で大会を迎えることになる。
代表チームやイタリアサッカーにとってあまり良い時期ではないし、(クラウディオ・)マルキージオと
(マルコ・)ヴェッラッティという重要な2人を負傷で欠いているからね」

「イタリアはいつも困難なときにこそ反発し、本当に大きなことを成し遂げてきた。だから自信がないということはない。
僕らには素晴らしい監督がいて、強い誇りがあって、このEUROで優勝したいという意欲があるからね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000008-goal-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1463555630
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハノーバー清武帰国 降格で来季「W杯も考え決断」

元の記事へ移動

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/16(月) 18:40:53.86 ID:CAP_USER9.net

ハノーバーの日本代表MF清武弘嗣(26)が16日、羽田空港着の航空機で帰国した。

 ハノーバーは2部降格が決定。清武は移籍が有力視されているが、来季については「ゆっくり休んでから考えたい」。
その上で欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を狙えるチームかが「大きな要素となる」とした。

 ドイツ1部ヘルタやスペイン1部セビージャなどが清武獲得を検討している。
「自分がどうしたら成長できるか、2年後のW杯のことも考えて、決断していきたい。
ヨーロッパでプレーしているので、CLは目指すべきところ」と話した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000110-nksports-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1463391653
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ジュビロ磐田が元ギリシャ代表DFパパドプーロスの加入を発表 

元の記事へ移動

00ジュビロ磐田は18日、元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスを獲得したことを発表しました。 報道ではパパドプロス表記でしたが、登録名はパパドプーロスになったようです。 [磐田公式]パパドプーロス選手が加入 http ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)