レアルOBがイスコを痛烈批判「大した活躍をしていない」

元の記事へ移動

レアルOBがイスコを痛烈批判「大した活躍をしていない」
 レアル・マドリーのOBイバン・エルゲラ氏が、17日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦の第1戦ローマ戦での、MFイスコのプレーを痛烈に批判した。スペイン『スポルト』が報じている。

 スタディオ・オリンピコに乗り込んだレアルは、前半はローマに苦戦を強いられたが、後半12分にFWクリスティアーノ・ロナウドの得点で先制すると、41分には途中出場のFWヘセ・ロドリゲスが追加点を挙げ、アウェーで2-0の完封勝利を収めた。

 この試合でも先発出場したイスコは後半19分にMFマテオ・コバチッチと交代するまでピッチに立っていた。しかし、エルゲラ氏はイスコに対し、「彼はゴールにつながるパスを出さない、敵からボールを奪いもしない、大した活躍をしていないのに、ベルナベウの観客は彼に拍手を送っている。こんなことでは選手達は一体どうなるんだ?」と痛烈に批判し、ジダン采配に納得がいかないようだ。

 今季ラファエル・ベニテス前監督の下では限られた出場機会しか与えられなかったイスコ。ユベントスやアーセナルなどが今冬の獲得に興味を示していると報じられたが、ジネディーヌ・ジダン氏が監督就任後にクラブ幹部に対して「移籍はさせられない。イスコは売らない」と明言。その後、コンスタントに出場機会が与えられるようになっていた。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

レディースサポート新規会員募集中&交流イベント開催のお知らせ

元の記事へ移動

いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。現在アルビレックス新潟後援会では、レディースサポート会員としてアルビレックス新潟レディースを共に支えていただける方を大募集しています。普段仕事や勉学に励みながら練習や試合に

大阪学院大新入部員、G大阪ユースのCBコンビ・松岡&吉岡、MF和田、CB生駒、MF半田らが加入

元の記事へ移動

大阪学院大新入部員、G大阪ユースのCBコンビ・松岡&吉岡、MF和田、CB生駒、MF半田らが加入
 昨年の関西学生サッカーリーグ1部で4位だった大阪学院大が、16年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、大阪学院大、College Soccer Central)。

 注目は高円宮杯プレミアリーグWESTで優勝したガンバ大阪ユースのクレバーなDF松岡秀平と高い身体能力とキック魅力のDF吉岡裕貴のCBコンビが加入。G大阪ユースの“黄金世代”の最終ラインを担った2人加え、セレッソ大阪U-18の走れるストライカー・FW井上泰斗、愛媛FCのトップチームに2種登録されていたMF小木曽春樹とプリンスリーグ四国得点ランキング2位のFW八木智紀(ともに愛媛FC U-18)も大院大へ進学する。

 また全国高校総体16強・久御山高のスコアラー、MF和田幸之佑とMF玉村光輝、そして強豪・鹿児島城西高の守備の柱・CB生駒稀生とスーパーサブのMF{伊集院雷、聖和学園高の司令塔・MF半田皓介、そして野洲高の主軸であるSB近藤裕貴、CB冨田享、MF松井亮太も加入。その他、FW河田奨平(神戸弘陵高)やMF馬見塚祐太(佐賀東高)、DF奥野貴大(大阪産大附高)、DF加藤陸(名古屋グランパスU18)、DF川上祐生、DF横山将大(ともにルーテル学院高)、DF清水鞠行(三好高)、MF高橋亘四郎(日本航空高)、FW大辻優希(福知山成美高)、GK吹金原拓海(洛北高)らも新入部員リストに名を連ねている。

以下、大阪学院大入部予定選手
▽GK
鴨谷一生(鹿児島実高)
栗山遥希(大阪商大高)
吹金原拓海(洛北高)
山田侑(清風高)

▽DF
生駒稀生(鹿児島城西高)
石田涼(福知山成美高)
伊藤建浩(武相高) 
奥野貴大(大阪産大附高)
加藤陸(名古屋グランパスU18)
川上祐生(ルーテル学院高)
近藤裕貴(野洲高)
清水鞠行(三好高)
城間大河(大阪学院大高)
高井致颯(帝京長岡高)
谷口穂高(東海大仰星高)
冨田享(野洲高)
中村竜伎(清明学院高)
野崎太智(ルーテル学院高)
平阪聡佑(大谷高)
福山凱士(興國高)
前尾和輝(大阪学院大高)
松岡秀平(ガンバ大阪ユース)
横田亮太(大阪学院大高)
横山将大(ルーテル学院高)
吉岡裕貴(ガンバ大阪ユース)

▽MF
飯塚皓平(尚志高)
伊集院雷(鹿児島城西高)
上杉友希(向陽高)
遠藤慎也(野洲高)
小木曽春樹(愛媛FC U-18)
加藤大貴(ザスパクサツ群馬U-18) 
川西廉(聖和学園高)
久保優汰(飾磨高)
窪田開人(FCグラシア)
久門功瑠(尚志高)
小林利希哉(大阪学院大高)
小松崎陸仁(柏日体高)
柴田勇輝(尚志高)
新家喬太郎(福知山成美高)
杉山蒼太(大阪産大附高)
青海陽哉(明徳義塾高)
関本勇(清風高)
高木良馬(神村学園高)
高橋駿人(大阪学院大高)
高橋亘四郎(日本航空高)
辰巳脩人(大阪桐蔭高)
玉村光輝(久御山高)
田村航(東海大仰星高)
丹裕希(鹿児島実高)
辻本亮(大阪学院大高)
中林登生(興國高)
濱修也(岡山理科大付高)
半田皓介(聖和学園高)
藤井達也(鹿児島実高)
古澤光二郎(大阪学院大高)
前田拓海(福知山成美高)
松井亮太(野洲高)
馬見塚祐太(佐賀東高)
万波朋彦(香川西高)
向野太揮(神戸一高)
和田幸之佑(久御山高)

▽FW
井上泰斗(セレッソ大阪U-18)
大辻優希(福知山成美高)
河田奨平(神戸弘陵高)
河村優馬(盈進高)
堺和希(瀬戸内高)
辻虎太郎(福岡舞鶴高)
長谷川大樹(洛東高)
原野航樹(興國高)
八木智紀(愛媛FC U-18)
山口将輝(神戸一高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。

[写真]G大阪ユースの松岡は盟友の吉岡とともに大院大へ
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

ポルト戦に臨むドルトムント、オーバメヤン復帰の一方で3選手欠場へ

元の記事へ移動

ポルト戦に臨むドルトムント、オーバメヤン復帰の一方で3選手欠場へ
 ドルトムントは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1戦のホームでのポルト戦に臨む。トーマス・トゥヘル監督の前日会見のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 グループ2位で決勝トーナメント進出を果たしたドルトムントは、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグで3位に終わり、ELの優勝候補の一角として回ったポルトと対戦する。ポルトはこれまで欧州CL2回、EL2回とヨーロッパの舞台でも結果を残してきた強豪だ。

「名門との対戦が本当に楽しみだ。彼らのことは昔からよく知っている。コンパクトなチームで、欧州の舞台で最大限の力を発揮できる選手が揃っている。ベンフィカ、スポルティングと共にポルトガルリーグを支配しており、欧州屈指のチームであることを繰り返し証明してきた」

 そう対戦相手を称えるトゥヘル監督。強豪相手といえど、自分たちのやり方を変えるつもりはない。「あまり戦術にこだわりすぎると、重大なミスを犯すことになる。事前に立てたプランに沿ってゲームを無理矢理にでも一定方向に運ぼうとするのは誤りだ。180分で次にラウンドを目指すことになる。決勝トーナメントにふさわしい姿勢で臨むことが重要」と、2試合合計での勝利を見据える。

 この試合に向けては、足の打撲を負っていたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが復帰する予定。一方で、3選手が体調を崩したことを明かし、「ロマン・バイデンフェラー、ヌリ・サヒン、イルカイ・ギュンドガンは少し体調を崩している。今日の練習には恐らく参加しない。明日の試合への出場は疑わしい状況だ」と説明した。

●ブンデスリーガ2015-16特集