シティ、ペジェグリーニ最終戦で1-1ドローも4位“ほぼ”確定

元の記事へ移動

シティ、ペジェグリーニ最終戦で1-1ドローも4位“ほぼ”確定
[5.15 プレミアリーグ第38節 スウォンジー1-1マンチェスター・C]

 プレミアリーグは15日、最終節を行った。マンチェスター・シティは敵地でスウォンジーと対戦し、1-1で引き分けた。マンチェスター・ユナイテッドがまだ1試合を残しているため、順位は決まっていないが、4位を“ほぼ”確定させた。

 シティは前半6分、MFケビン・デ・ブルイネが左サイド深くまでえぐりマイナスに折り返す。PA中央でフリーで待っていたFWセルヒオ・アグエロが放った右足シュートはGKクリストファー・ノルフェルトに止められたが、FWケレチ・イヘアナチョが右足で押し込み、早々に先制に成功した。

 しかし、スウォンジーが前半終了間際に追いつく。ゴールほぼ正面でFKを獲得すると、FWアンドレ・アイェウが左足で蹴り出したボールが壁のMFフェルナンドに当たってコースが変わり、GKジョー・ハートの逆に飛んでゴール左隅に決まり、1-1と試合を振り出しに戻した。

 後半も圧倒するシティは同2分、左サイドからデ・ブルイネがクロスを供給すると、ファーサイドのDFエリアキム・マンガラが打点の高いヘッドで合わせるもわずかに枠上。同18分にはイヘアナチョの落としをPA内中央で受けたアグエロが左足シュートもゴール左に外れ、勝ち越すことはできなかった。

 試合は1-1で終了。マヌエル・ペジェグリーニ監督の最終戦を白星で飾れなかったが、シティは勝ち点を66に伸ばし、試合が延期となったユナイテッドとの勝ち点差を3とした。また、得失点では18差あるため、チャンピオンズリーグのプレーオフに出場できる4位が“ほぼ”確定した。なお、英『ESPN』によると、スウォンジーの枠内シュートは得点シーンのわずか1本だった。

●プレミアリーグ2015-16特集

トゥーロン国際大会組み合わせ決定!ポルトガル、イングランドと同組

元の記事へ移動


00016411


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2016/05/04(水) 00:00:00.00 ID:000
リオ五輪世代が集結するトゥーロン国際大会(5月18~29日・フランス)の組み合わせが4日、決定。

日本は1次リーグでイングランド、ギニア、パラグアイ、ポルトガルと同じB組に入った。
リオ五輪に出場するチームは同組ではポルトガルだけ。

5チームの総当たりで1次リーグを行い、A、B組の1位同士が決勝に、2位同士が3位決定戦に進出する。
日本の日程は次の通り。

☆1次リーグB組

▽5月19日 試合なし

▽同21日 パラグアイ

▽同23日 ポルトガル

▽同25日 ギニア

▽同27日 イングランド

▽同29日 3位決定戦、決勝

※A組はブルガリア、フランス、マリ、メキシコ、チェコ

U-23日本代表・手倉森誠監督「日本サッカーの新たな歴史を作りたいリオデジャネイロ・オリンピック。そこに向けた貴重な大会となります。良い準備が良い成果をもたらします。まさしく良い準備をしなければいけない大会です。我々が目指すところを意識して、志をもって一戦一戦大事に戦っていきたいと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000069-sph-socc


関連記事:
U-23日本代表・手倉森監督、5月18日開幕のトゥーロン国際大会後にOA枠の選手を合流させる意向

http://blog.livedoor.jp/keydrop/archives/1055213194.html



スポンサーリンク






2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 16:07:00.82 ID:MIOofLK30

イングランドとか4軍とかになるんだろ
ケインやバークリーはユーロ出るし


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 16:08:03.40 ID:5+YVQxdw0

比嘉2世は現れるのか


4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 16:08:19.76 ID:iOpAdJFO0

ユーロと被るからイングランドやポルトガルに良いメンバーは期待できなそうですね


5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 16:08:33.07 ID:yqd+x9f00

A組 ブルガリア、フランス、マリ、メキシコ、チェコ

B組 日本、イングランド、ポルトガル、パラグアイ、ギニア


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 16:08:39.22 ID:dMWkenw40

オナイウはいらねえぞ

続きを読む

[プレミアリーグ 2015-16] ニューカッスル・ユナイテッドFC vs トッテナム・ホットスパーFC

元の記事へ移動

2016年05月15日に行なわれたイングランド1部リーグ「バークレイズ・プレミアリーグ 2015-16」第38節、ニューカッスル・ユナイテッドFC対トッテナム・ホットスパーFCのYouT […]

続きを読む

負けないレスター、チェルシーとのプレミア新旧王者対決はドロー決着…岡崎は後半から出場

元の記事へ移動

負けないレスター、チェルシーとのプレミア新旧王者対決はドロー決着…岡崎は後半から出場
[5.15 プレミアリーグ第38節 チェルシー1-1レスター・シティ]

 プレミアリーグは15日、最終節を行った。スタンフォード・ブリッジではFW岡崎慎司の所属するレスター・シティチェルシーによる新旧王者対決が行われ、1-1で引き分けに終わった。ベンチスタートの岡崎は後半開始から途中出場している。

 すでに優勝を決めているレスターはDFロベルト・フートの欠場により、前節エバートン(3-1)に続いてDFマルチン・バシレフスキが先発。MFアンディ・キングとMFデマライ・グレイもスタメンに入った。対するチェルシーは前節リバプール戦(1-1)から2人を代えて、GKティボー・クルトワとDFブラニスラフ・イバノビッチが先発に復帰した。

 前半はレスターの守護神GKカスパー・シュマイケルが活躍する場面が目立った。チェルシーは前半7分、MFネマニャ・マティッチのサイドチェンジをPA内左角あたりでFWペドロ・ロドリゲスが受け、中央に持ち込んで右足シュートもゴール右に外れる。同39分にはMFセスク・ファブレガスのリターンをPA内左で受けたMFウィリアンが右足を振り抜くもGKシュマイケルに弾き出された。

 ほとんどチャンスを作れなかったレスターは後半開始から岡崎とMFジェフ・シュルップを投入。スタートはFWジェイミー・バーディの1トップだったが、岡崎との2トップにシステムを変更した。チェルシーも後半9分にペドロとMFベルトラン・トラオレを下げて、MFルベン・ロフタス・チークとFWタミー・アブラハムをピッチに送り出した。

 レスターは後半15分、シュルップが左サイドから低い弾道のクロスを供給。ニアに勢いよく走り込んだ岡崎が右足ヒールが合わせるもGKクルトワにキャッチされる。すると、同20分にシュルップがPA内でマティッチを倒してしまい、PKを献上。これをキッカーのセスクに落ち着いて決められ、先制点を許してしまう。それでも粘り強く戦うレスターは同37分、MFエンゴロ・カンテの落としをMFダニー・ドリンクウォーターが右足一閃。強烈なミドルがゴール左隅に突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

 試合はそのまま1-1でタイムアップ。チェルシーはフース・ヒディンク監督の最終戦を白星で飾ることはできなかった。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

[プレミアリーグ 2015-16] スウォンジー・シティAFC vs マンチェスター・シティFC

元の記事へ移動

2016年05月15日に行なわれたイングランド1部リーグ「バークレイズ・プレミアリーグ 2015-16」第38節、スウォンジー・シティAFC対マンチェスター・シティFCのYouTube速 […]

続きを読む

J2リーグ 第13節 松本x讃岐(0:0)

元の記事へ移動

5/15(日) 13:00~ 松本 J2リーグ 第13節 松本x讃岐(0:0) 天気:晴れ 気温:26℃ 風:弱風 動員:11,402人 ・讃岐の最近5試合 清水 △2-2(A) ※堂々たるドロー 愛媛 ●0-1(A) ※乏しい敗戦 北九州 ▲1-1(H) ※まずまず 千葉 △1-1(A) ※堂々たるドロー 町田 ●0-1(H) ※完敗 ここまでの成績 第11位 勝点 16 得失点 0 ・対戦相手(松本)の最近5試合 岐阜 ○2-0(H) ※快勝 群馬 ○2-1(H) ※辛勝 愛媛 △0-0(A) ※悪くない C大阪 ●0-1(H) ※惜敗 東京V ○4-0(A) ※圧勝 ここまでの成績 第6位 勝点 19 得失点 7 雑感  今日は引き分けであった。昨年よく見た、守るだけのゲームであり、勝点1を最初から念頭に置いてのゲームであったように思う。そういう意味では、狙い通り勝点1を獲得出来た訳であるから御の字であろう。讃岐は今季攻撃的になっているので、こういうゲームを見るのは久しぶりである。昨年の粘り強い守備を忘れていなかった事には安心した。毎試合こういうゲームをしていてはいけないが、強豪相手にAでは許されるだろう。  スタメンは大幅変更となった。仲間や永田といった主力選手が不在である。仲間は出場停止であり、永田は不調である。永田に関してはベンチにも入っておらず、怪我を抱えているのかも知れない。逆に木島弟がスタメン復帰しており、木島兄弟がスタメンでの同時起用という事になった。代わりに起用されたのは、綱田や大沢といった普段ベンチの選手達である。ベストメンバーからは程遠い陣容であり、内容に拘る余裕がない事はよく理解できる。讃岐の弱点である、選手層の薄さが如実に現れたゲームと言えるだろう。SBを担当する選手の人材難で、3バックを採用していた。これまでは攻撃的な動機から3バックにしていたように思う。ところが今日は人材難と、相手のシステムに合わせての3バックであり、要するに5バックである。  ゲーム内容は前後半通じて一方的に松本に攻め立てられた。だからと言って松本に決定機が続出したかというと、それほどでもなかった。讃岐がゴール前にブロックを築いていたので、縦に速い攻めは難しかったであろうし、単純なクロスではいくら高さに自信のある松本といえど、讃岐のCBに簡単に処理されていた。不慣れな足元を崩す中央突破を試みていたが、もう一つ精度が足らなかったようだ。讃岐が松本の攻撃を凌(しの)げた要因として、呼吸する時間を作れた点も重要であった。今季から取り組んでいる攻撃サッカーのお陰か、単純なクリアばかりではなく、丁寧なビルドアップもあった。カウンターの起点でも雑にならずにボールを繋げていたように思う。昨季と同様の戦術でも、細部では少しレベルアップしている点は重要な進歩であるように思う。  対戦相手の松本に関しては、不運であったように思う。前半早々に清水が高崎をペナの中で倒していたが、笛は吹かれなかった。多少のコンタクトを流す事は正しい事であると思うが、あれは明らかにPKである。高崎がボールに触れていたし、清水はボールに触れていなかった。人間が肉眼でジャッジしているので許容するしかないが、松本にとっては不運であり讃岐にとってはラッキーであった。松本は今季からJ1での躍進を目指して、キックアンドラッシュを脱却して足元での崩しを模索しているようだ。まだまだ道半ばであり、讃岐のようないかにもJ2という戦法には苦しむ事になるが、続けていけば上達するであろう。また、そうした戦術変更を行いながらも、十分昇格を見込める勝点を確保している。見通しは明るいのではないだろうか。 選手個人について  ・大沢 讃岐の攻撃が単発で終わらないように気を配っていた。大沢が中盤で時間を作ってくれるお陰で、他の選手の攻め上がりが可能になっていたように思う。今日のような守備が強調される展開では、逆に大沢のような攻撃的な選手が必要なのだろう。 ・木島弟 怪我明けなのでコンディションを不安視していたが、問題無かった。数的不利が多かったが独力で打開出来ていたので好調を持続しているようだ。 ・清水 今日はかなり助けられた。的確な判断でクロスを安全にキャッチしてくれていた点が素晴らしい。今日のようなべた引きが成立するのも清水という好キーパーがいるからこそである。 次節に向けて  次節はHで首位札幌と対戦する。好調なのだろうから難しいゲームになるのだろうが、歴史的に相性は良い。なぜか札幌は丸亀では守備的になるので、攻撃機会は多いであろう。今季は攻撃力も上がっているので楽しみな対戦となる。讃岐は例年通りやれば良いと思う。このゲームは、首位札幌が今季本当に強いかどうかが判明するゲームであるように思う。もし相性最悪の讃岐をAで撃破出来れば、昇格有力候補という事になる。 コメント歓迎です。 以上

ジルが最終節でハット!!アーセナルが大逆転で11季ぶり2位フィニッシュ

元の記事へ移動

ジルが最終節でハット!!アーセナルが大逆転で11季ぶり2位フィニッシュ
[5.15 プレミアリーグ第38節 アーセナル4-0アストン・ビラ]

 プレミアリーグは15日、最終節を行った。3位アーセナル(勝ち点68)はホームで最下位アストン・ビラと対戦し、FWオリビエ・ジルのハットトリックで3-0の完封勝利をおさめた。同日、2位トッテナム(勝ち点70)が18位ニューカッスルに敗れたため、アーセナルが2位に浮上。2位でシーズンを終えるのは、2004-05シーズン以来、11シーズンぶりとなる。

 アーセナルは前半5分、左サイドからDFナチョ・モンレアルが上げたクロスをFWオリビエ・ジルがヘッドで合わせ、早々に先制点を挙げた。その後、苦戦を強いられたアーセナルだが、後半33分、FWメスト・エジルが左から折り返したボールをジルが押し込み、2-0とした。

 さらにアーセナルは後半35分、MFエクトル・ベジェリンのロングスルーパスに反応したジルが完全に抜け出して滑り込みながら左足で押し込み、3-0。ジルがハットトリックを達成した。勢いが止まらないアーセナルは後半アディショナル2分にGKマーク・バンのオウンゴールで4-0とし、10試合負けなし(5勝5分)でシーズンを終えた。

●プレミアリーグ2015-16特集

[プレミアリーグ 2015-16] ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC vs リヴァプールFC

元の記事へ移動

2016年05月15日に行なわれたイングランド1部リーグ「バークレイズ・プレミアリーグ 2015-16」第38節、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC対リヴァプールFCのYouTub […]

続きを読む

トッテナム大失速…10人の降格ニューカッスルに5失点喫し3位でシーズン終える

元の記事へ移動

トッテナム大失速…10人の降格ニューカッスルに5失点喫し3位でシーズン終える
[5.15 プレミアリーグ第38節 ニューカッスル5-1トッテナム]

 トッテナムが大失速で3位でシーズンを終えることとなった。プレミアリーグは15日、最終節を行い、2位トッテナム(勝ち点70)が18位ニューカッスルと対戦し、1-5で敗れた。この日、3位アーセナル(勝ち点68)が最下位アストン・ビラに勝利したため、最終節で順位が入れ替わることとなった。

 勝利すれば1992年に創設されたプレミアリーグで過去最高の2位フィニッシュとなるトッテナムは立ち上がりからニューカッスルの猛攻を受けると前半19分に先制点を許してしまう。ニューカッスルは左からの折り返しをFWアレクサンダル・ミトロビッチが落とし、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足ダイレクトでゴールに流し込み、1-0。さらに同39分、右サイドからMFムサ・シソコが上げたクロスをミトロビッチがヘッドで押し込み、2-0とした。

 反撃に出るトッテナムは後半15分、DFエリック・ダイアーのスルーパスをPA内左に走り込んだMFエリク・ラメラが思い切りよく左足を振り抜く。これがGKカール・ダーロウの手を弾いてゴールネットを揺らし、1点差とする。さらに同22分にミトロビッチが一発退場となり、トッテナムは数的優位に立った。

 しかし、10人となったニューカッスルも諦めない。後半28分にワイナルドゥムがPKを決め、3-1。再び2点差とすると、同40分に右サイドからDFダリル・ヤンマートが上げたクロスをファーサイドのMFローランド・アーロンズが左足で押し込み、リードを広げる。さらに同41分にはカウンターからアーロンズのラストパスを受けたヤンマートが右足でゴール左隅に流し込み、5-1でニューカッスルが完勝した。

 一方のトッテナムは4試合勝利なし(2分2敗)となり、優勝を逃すだけでなく、3位でシーズンを終えることとなった。

●プレミアリーグ2015-16特集