[大学選手権]敵将、ライバルも脱帽…G大阪内定FW呉屋が“因縁”流経大戦に決着付ける

元の記事へ移動

[大学選手権]敵将、ライバルも脱帽…G大阪内定FW呉屋が“因縁”流経大戦に決着付ける
[12.13 大学選手権準々決勝 流通経済大1-2(延長)関西学院大 町田]

 後半25分に先制を許した関西学院大だが、やはりこの男がチームを救った。同38分、MF森信太朗(4年=大分U-18)が左サイドからクロスを上げると、FW呉屋大翔(4年=流通経済大付柏高、ガンバ大阪入団内定)は、一瞬の駆け引きでマークに付いていたDF田上大地(4年=流通経済大付柏高、V・ファーレン長崎入団内定)の視界から外れる動きを見せる。「あの瞬間、田上も今津も呉屋を見失ってしまった」。敵将・中野雄二監督も脱帽のゴールを蹴り込んでみせた。

 “因縁対決”。流通経済大付柏高出身の呉屋にとっては、元チームメートを多く擁する流経大との対戦に苦手意識があった。印象を決定づけたのが、昨年度のインカレ決勝戦。DF今津佑太(2年=流通経済大付柏高)の徹底マークに遭うと、放ったシュートはゼロ。完全に封じ込まれてしまった。

 関学大としても対流経大戦はこれまで得点がなく、苦手意識があった。ただ、それを破ったのも呉屋だった。同宿舎のため、顔を合わせることも多かったと話す田上は、「大翔自身は流経戦で点を取りたいと思っていたと思うし、去年からずっと、悔しい思いをしていたことは分かっていた。ああやって決められて悔しいですけど、あいつのほうが思いは強かったのかなと思います」と素直にライバルを称えていた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第64回全日本大学選手権特集

[大学選手権]長崎内定、流経大DF田上「開幕から試合に出る」

元の記事へ移動

[大学選手権]長崎内定、流経大DF田上「開幕から試合に出る」
[12.13 大学選手権準々決勝 流通経済大1-2(延長)関西学院大 町田]

 V・ファーレン長崎への入団が内定している流通経済大DF田上大地(4年=流通経済大付柏高)が、プロでの飛躍を誓った。

 13日、田上擁する流通経済大(関東4)は関西学院大(関西1/総理大臣杯)と対戦し、1-2で敗れた。後半25分にFW星野秀平(2年=流通経済大付柏高)が得点して先制したが、同38分にFW呉屋大翔(4年=流通経済大付柏高)に同点弾を浴びると、延長前半7分にセットプレーからDF米原祐(3年=作陽高)に逆転ゴールを許してしまった。

 同点弾の場面では呉屋にマークを外された。「クロスを上げる選手(MF森信太朗(4年=大分U-18))がああいう形で持ったら呉屋がファーに流れるという形があるのは分かっていた」と話した田上。「一瞬遅れてしまった。やっぱり相手が一枚上手だった」と唇を噛んだ。

「J2は試合数が多いですけど、開幕から試合に出て、そこを土台として、上に上にと上がれるように。開幕から試合に出て結果を出したい」

 流通経済大柏高時時代、全国高校総合体育大会で得点王と獲得するなど、ストライカーとして活躍した田上だが、大学ではDFとしての才能を開花させた。「精神的にタフになれた。体もタフになれた。いい結果を出せば恩返しになると思う」。田上は感謝を胸に次のステージでの飛躍を目指す。 

(取材・文 児玉幸洋)
●第64回全日本大学選手権特集

レアル、自慢の攻撃陣も不発…ビジャレアルに敗れリーガ直近5戦3敗

元の記事へ移動

レアル、自慢の攻撃陣も不発…ビジャレアルに敗れリーガ直近5戦3敗
[12.13 リーガ・エスパニョーラ第15節 ビジャレアル 1-0 R・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは13日、第15節を行った。レアル・マドリーは敵地でビジャレアルと対戦し、0-1で敗戦。レアルは直近リーガ5試合で3敗と、首位バルセロナと2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が「5」に広がってしまった。

 試合は序盤からホーム・ビジャレアルが攻め込んだ。前半4分、自陣左サイドからボールをつなぐと、敵陣ハーフェーライン付近からFWセドリック・バカンブが中央へ斜めにカットインし、DFセルヒオ・ラモスの股を抜きながらPA手前まで運び、右へラストパス。これをMFジョナサン・ドス・サントスが右足でコースを狙うも左ポストを叩いた。

 それでもビジャレアルは前半8分、MFブルーノ・ソリアーノが敵陣中央でMFルカ・モドリッチからボールを奪い、バカンブの横パスをゴール前に走りこんだFWロベルト・ソルダードがPA中央でGKケイラー・ナバスの股下を抜く左足シュートを決めて、先制に成功した。

 早々に追う展開となったレアルは“BBC”が相手ゴールへ襲い掛かる。前半24分、MFガレス・ベイルの右クロスをFWカリム・ベンゼマが右足ボレーもゴール上に外れる。後半3分には浮き球パスをPA右で受けたベンゼマが胸トラップから右足ボレーもわずかにゴール左へ外れ、直後の4分にもベイルの折り返しにベンゼマがニアで左足で合わせたが決めきることができない。

 逆にレアルは前に出ていたことで最終ライン手前でスペースが生まれ、後半42分にビジャレアルのカウンターを受ける場面があったが、バカンブの左足シュートは精度を欠き、追加点は免れた。しかし、最後まで得点を奪えなかったレアルは、0-1で敗戦を喫し、公式戦では6試合ぶりの黒星となった。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

このまま駆け抜けろ・・・広島、準々決勝突破!

元の記事へ移動

まだ終わらないゼ!


広島、初の準々決勝突破!


クラブワールドカップ準々決勝

12/13 19:30キックオフ in 長居

マゼンベ0-3広島

(広)

44'塩谷司
56'千葉和彦
78'浅野拓磨


マゼンベ撃破!

広島は、2人離脱という手負いの状態で準々決勝のマゼンベ戦に挑みました。

マゼンベは、5年前のクラブワールドカップで準優勝したりと、間違いなく強豪のチーム。

でも広島は、そのマゼンベから3点奪い、見事完勝しました。


今回、広島はJリーグを戦い抜いてきたベストメンバーで臨みました。

序盤は、マゼンベに押される展開が続きました。

キーパーと1対1にされてしまう場面もありましたが、何とか失点を免れます。

そこから少しずつ広島も攻め込みますが、なかなか得点できず。

前半も終了かなと思った44分、コーナーキックから佐々木が上手く逸らし、走り込んできた塩谷が押し込み先制!


前半が終了し、後半へ。

後半は、逆に広島が攻勢に出ます。

そして後半11分、またもコーナーキックからでした。

右コーナーキックに千葉がジャンプ一番!

ドンピシャなヘディングでゴールネットに突き刺し、追加点!

これで0-2に。


何とか1点返すべくマゼンベが反撃に出ます。

でも、広島の守備陣は集中を切らしませんでした。

後半30分、佐藤寿人を下げ浅野を投入。

その浅野が決めてくれました。

後半33分、青山から右のミキッチへ。

そのミキッチがゴール前のクロスを入れます。

ニアでドウグラスが上手く相手をつり、ファーで浅野がフリーでヘディング!

これが決まり、トドメの1発!

0-3に。


そこからもマゼンベの攻撃を上手くいなした広島が、見事マゼンベに勝利し、初の準決勝進出を果たしました。


次はいよいよ南米王者のリーベルプレート!

ここから本当の世界との戦いとなります。


もちろん勝って欲しいですが、まずは全力でぶつかって行って欲しいと思います。

日本の誇りを見せてやれ!


そして、もう1試合のクラブアメリカvs広州恒大は、終盤の猛攻で広州恒大が逆転勝利を収め、こちらも準決勝進出を果たしました。

次は、バルセロナとの一戦!


アジアの2チームが共に準決勝進出!

準決勝は、日本の誇りと中国の誇りで世界に挑め!

サンフレッチェ広島の真価 ~融合力~

元の記事へ移動

ひいきJクラブのない僕は、各チームのスタイルや選手がどう代表サッカーに還元されるか連想しがちになる。シーズン後半には抜群の安定感を誇った王者広島にもそんなセコい眼を向けつつ、指揮官の森保さんを含め魅力的なチーム構成とパフォーマンスに感嘆した。 広島にはリトリートからの守備ブロック、ボール奪取後の後方でのコントロールとビルドアップ、その後の展開力、とりわけ両サイドの活用 、これらチームの基盤となる型が確立している。 大事な素材を失っても別のものを見つけ出し、少しずつ味を変え深みを増す。元のタレに継ぎ足しチョイ増し秘伝のタレ、大将森保プレゼンツ。 そして、現広島スタイルの組織と個の「融合力」は、他Jクラブの追随を許さない。 広島の特長の一つ、自陣深い位置での繋ぎ。 3バック+2ボランチと顔を出しすぎないWB、彼らの息の合ったコンビネーションとパス交換。それと同時に、塩谷独特のボールの持ち運びや千葉の効果的なシンプルフェイク&タメ、広島の卓越したパス回しには常に彼らの個力がミックスされている。 組織的なパス交換は両ディフェンダーに物理的そして精神的余裕を与える。そしてまた逆も然り、彼らの独力が相手を引きつけパス交換を円滑にする。組織と個、そこには共存関係がある。 次の特長として、展開力の多彩さ。 ディフェンスラインからのゲームコントロールの末に、佐藤は巧みな動きでボールを引き出す(近年その力が弱体化した印象はある)、柴崎はボールを受けてからトップ、WBを上手く活かす、ドウグラスは強烈な推進力を持つ。そして、両WBは引いて受けても裏へ抜けても高い突破力とキック精度をみせる。5つのポジション全てに武器があり、中盤・後方からの配球には多様な選択肢が生れる。 またこうも云える。自陣深いところから敵プレッシャーを剥がしきる力があるから、前線の選手たちはその優位性を利用し躍動できる。相手側からみれば後手に回る上に、前線のどこにボールが収まっても怖さがあるから潰しどころを搾りきれない。 つまり、最後尾からフィニッシュまでの一連の流れ、どの場面にも「イニシアティブの生産、供給、享受」の相互作用がある。そしてそれを作り出すのが、熟成された組織と個の「融合力」。 これからのCWCや来季ACLでは、広島の融合力がどれだけ通用するのか期待して観たい。 ※次章へつづく

“競争力のあるチーム”を求めるマガト氏、鳥栖監督就任にはまだ距離が…

元の記事へ移動

 超がつくほどのハードなトレーニングが、日本で見られるのだろうか--。フェリックス・マガト氏がサガン鳥栖監督就任するという報道は、日本とドイツで話題になっている。マガト氏が仕事を引き受けることを決心するためには、鳥栖側がさらに野心を示さなければいけないようだ。