バルサに脱帽のスコラーリ監督「彼らが遥か上だと誰が見ても明らか」

元の記事へ移動

バルサに脱帽のスコラーリ監督「彼らが遥か上だと誰が見ても明らか」
[12.17 クラブW杯準決勝 バルセロナ3-0広州恒大 横浜]

 アジア王者が成す術もなく敗れた。序盤からバルセロナ(スペイン)に押し込まれる展開となった広州恒大(中国)は、体を張った守備で失点をしのいでいたものの、前半39分にFWルイス・スアレスに先制点を奪われると、後半にもスアレスに2点を追加されて3点のリードを奪われる。反撃に出たかったが、攻撃陣はシュート3本に抑え込まれて、0-3の完封負けを喫することになった。

 チームを率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、「戦術はある部分まではバランス良くできたと思う」と語りつつも、「ただ、バルセロナは他のチームとは違う。ファンタスティックなチームです」と相手チームを称賛。そして、試合直前にFWリオネル・メッシの欠場が発表されたものの、チーム力を大きく落とさないバルセロナのチーム力に脱帽した。

「メッシがプレーしないときは相手チームは期待してしまう。メッシは世界最高の選手だからだ。ただ、バルセロナには25、6人の素晴らしい選手がいるので、手元にいる選手だけで素晴らしいクオリティーの試合をしました。彼らは遥かに我々より上でした。それは誰が見ても明らかです」

 この日は完敗を喫することになったが、「目標は一つ残っている」と20日に行われるサンフレッチェ広島との3位決定戦に視線を向ける。13年には3位決定戦でアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)に敗れていることもあり、「今回は一つ上の3位を目指す」と意気込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)

●クラブW杯2015特集

メッシ、ネイマール不在も…ハット達成のスアレス「朝6時から見ていた」世界一決定戦へ

元の記事へ移動

メッシ、ネイマール不在も…ハット達成のスアレス「朝6時から見ていた」世界一決定戦へ
[12.17 クラブW杯準決勝 バルセロナ3-0広州恒大 横浜]

 ボールを地面に弾ませながらミックスゾーンに姿を見せた。クラブW杯史上初となるハットトリックでバルセロナ(スペイン)を決勝に導いたFWルイス・スアレスは「本当にうれしい。決勝に進めることが決まったので、今日と同じような良いプレーがしたい」と、20日の決勝を見据えた。

 前半39分、MFイバン・ラキティッチのミドルシュートがGKに弾かれたこぼれ球を素早く左足で押し込み、先制点。圧巻は後半5分の2点目だった。MFアンドレス・イニエスタからの浮き球のパスをPA内で胸トラップし、ノーバウンドで右足を振る。華麗な技ありボレーでゴールネットを揺らすと、ベンチで待つFWネイマールの下へ駆け寄り、抱き合って喜んだ。

 左内転筋を痛めているネイマールのほか、FWリオネル・メッシも尿管結石のため急きょ準決勝を欠場した。3人の頭文字を取って“MSNトリオ”と称される強力な攻撃陣は、まさに“飛車角抜き”の陣容だった。

 一人、気を吐いたスアレスは「ゴールを決めることは大事だけど、一番大事なのはチーム全員の努力だ」と指摘。「彼らがいないときはもっと頑張らないといけない。より責任があった? もちろん。だけど、その責任もみんなで分け合ったんだ」と、チーム全体の勝利だと力説した。

 ウルグアイ出身のスアレスにとってクラブW杯は、欧州王者と南米王者が一発勝負で激突した前身のインターコンチネンタル杯時代から思い出深い大会だ。「子供のときから朝6時に起きて、この試合を見ていたんだ」。そんなファイナルでは南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦する。

「リーベルは本当に強いチームだと思っている。相手は南米王者だ。リベルタドーレス杯に勝って、この大会に出場している。難しい以上のものがあると思う。タイトルを獲得するために全力を尽くしたい」

 腕に抱えたボールについて報道陣から「息子にプレゼントする?」と聞かれたスアレスは「いや、バルセロナの博物館に寄贈するよ」と笑顔で応じた背番号9。メッシ、ネイマールの復帰も不透明な中、世界一の行方はその双肩にかかっている。

(取材・文 西山紘平)

●クラブW杯2015特集

古巣リーベルと世界一を争うマスチェラーノ「戦う準備は万全だ」

元の記事へ移動

古巣リーベルと世界一を争うマスチェラーノ「戦う準備は万全だ」
[12.17 クラブW杯準決勝 バルセロナ3-0広州恒大 横浜]

 危なげない戦いぶりで決勝進出を決めたバルセロナ(スペイン)。最終ラインに入ったDFハビエル・マスチェラーノは相手攻撃陣への素早い寄せで自由を与えず、ボールを受ければ的確な散らしでリズムを生むなど、攻守に貢献して3-0の快勝に貢献した。

 20日には、下部組織から育ち、04-05シーズンまで在籍したリバープレートと決勝戦で対戦する。「以前は確かにリーベルの一員で、リーベルのためにできるだけのことをしてきたよ」と当時を振り返ったマスチェラーノだったが、「でも僕は今はバルサの一員なので、次の試合はバルサの一員としてできる限りのことをしたいと思う」と古巣からの勝利を誓った。

 広州恒大戦ではFWリオネル・メッシとFWネイマールが欠場。2人が決勝の舞台に立てるかどうかは不透明な状況だ。しかし、今季はメッシの長期離脱がある中、リーガ首位を走っており、「いつものメンバーでない時期もあったけど、様々なプレースタイル、オプションを試してきました。そういった意味では自分たちは戦う準備が万全にできているよ」と話した。

 バルサはクラブW杯決勝に3度進出し、2度の優勝を飾っている。「一番重要なのは今回のクラブW杯のファイナルに勝つこと。そのために自分も全力を尽くして頑張りたい」とタイトル獲得に意欲を燃やした。

(取材・文 折戸岳彦)

●クラブW杯2015特集

決勝でメッシの復帰は…?バルサ指揮官「今は分からない」

元の記事へ移動

決勝でメッシの復帰は…?バルサ指揮官「今は分からない」
[12.17 クラブW杯準決勝 バルセロナ3-0広州恒大 横浜]

 バルサはバルサだった。FWリオネル・メッシが尿管結石のため急きょ欠場したバルセロナ(スペイン)は左内転筋を痛めているFWネイマールも欠場。それでも、“MSNトリオ最後の砦”となったFWルイス・スアレスがハットトリックの活躍で気を吐いた。

 ルイス・エンリケ監督は試合後の記者会見で「自分たちのエリアの中に閉じこもっている相手だった」と指摘。守備を固める広州恒大(中国)を攻めあぐねたが、前半39分、MFイバン・ラキティッチのミドルシュートをGKが弾いたこぼれ球をスアレスが押し込み、前半を1点リードで折り返す。後半5分にはスアレスの技ありボレーで追加点を挙げ、同22分、ハットトリック達成となるスアレスのPKでダメを押した。

「チームは非常に真面目にプレーしたと思う。ミスも犯したが、相手はいつも対戦するチームとは違うスタイルのチームで、なかなかリズムをつかめなかった。負傷でプレーできなかった選手もいたので、いつもとはやり方が違った」

 試合の展開がスローだったのではないか。そう質問された指揮官は「私はスローだったとは思わない。限られた状況で選手は良いプレーをした。自分たちとしては完璧な試合をしたと思っている」と力説した。

 この日、ベンチ入りしていたネイマールは決勝での復帰を目指して調整を進めている。一方、尿管結石で急きょ欠場したメッシはリバープレート(アルゼンチン)が待つ20日の決勝に間に合うのだろうか。ルイス・エンリケ監督は「(メッシが)プレーできるかどうか、今は私も分からないし、選手自身も知らないだろう。様子を見ないと分からない」と話すにとどめた。

(取材・文 西山紘平)

●クラブW杯2015特集

メッシ&ネイマール欠場のバルサ “MSN最後の砦”スアレスのハットで世界一に王手

元の記事へ移動

メッシ&ネイマール欠場のバルサ “MSN最後の砦”スアレスのハットで世界一に王手
[12.17 クラブW杯準決勝 バルセロナ3-0広州恒大 横浜]

 FIFAクラブワールドカップ2015は17日、横浜国際総合競技場で準決勝を行い、欧州代表のバルセロナ(スペイン)がアジア代表の広州恒大(中国)と対戦し、FWルイス・スアレスのハットトリックで3-0で快勝した。バルサは20日の決勝でリバープレート(アルゼンチン)と対戦。広州は同日の3位決定戦に回り、サンフレッチェ広島と対戦する。

 準決勝から登場のバルセロナはFWリオネル・メッシが尿管結石のため急きょ欠場。左内転筋を痛めているFWネイマールも欠場し、前線はスアレス、FWムニル・エル・ハダディ、MFセルジ・ロベルトの3トップとなった。
 13日の準々決勝でクラブ・アメリカ(メキシコ)に2-1の逆転勝利をおさめた広州は先発一人を変更。FWロビーニョに代わってMFジョン・ロンが左サイドハーフで先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

「MSNトリオ」のうち2人が不在のバルセロナ。“飛車角抜き”の陣容となったが、圧倒的なボール支配率でゲームを支配した。しかし、引いて守る広州に対し、なかなかスペースを見つけられない。前半10分、MFアンドレス・イニエスタの左足ミドルはクロスバーを越え、同17分にスアレスが獲得したFKのチャンスも、MFイバン・ラキティッチが直接狙ったキックは目の前の壁を直撃した。

 それでも鮮やかなテクニックと華麗なパス回しから決定機を演出する。前半23分、イニエスタが鮮やかなロングスルーパスを通し、ムニルがPA内に走り込むが、前に出てきたGKが間一髪のところでセーブ。同32分には左サイド深い位置からイニエスタが折り返し、ムニルがヘディングで合わせたが、わずかにゴール右へ外れた。

 粘り強く耐えていた広州だが、前半34分に左サイドバックのDFゾウ・チョンが左足を負傷するアクシデント。すぐに担架が要求され、同35分、DFリー・シュエポンと交代した。すると前半39分、バルセロナはPA手前で横パスを受けたラキティッチが右足で強烈なミドルシュート。GKが弾いたところにスアレスが素早く詰め、左足で押し込んだ。

 先制を許した広州も前半41分に千載一遇の好機を迎えるが、FKに合わせたFWエウケソンのヘディングシュートはGKクラウディオ・ブラボの好守に阻まれ、前半はバルセロナの1点リードで折り返した。

 後半立ち上がりに追加点が生まれる。後半5分、イニエスタからの浮き球のパスに反応したスアレスが胸トラップからノーバウンドで右足を振り、ゴールネットを揺らした。スアレスの芸術ボレーで2-0。その後はリスクを冒さない余裕の試合運びを見せ、後半21分にムニルがDFダニエウ・アウベスとのワンツーからPA内でMFフアン・ボーウェンに倒され、PKを獲得した。

 キッカーを務めたのはスアレス。冷静にゴール左へ決め、ハットトリックを達成するとともに3-0とリードを広げた。後半27分、セルジ・ロベルトに代わってFWサンドロ・ラミレスがピッチに入り、最初の選手交代。同31分にDFジョルディ・アルバに代えてDFアドリアーノ・コレイア、同36分にはイニエスタに代えてMFセルジ・サンペルを投入し、交代カードを使い切った。

 そのまま危なげなく試合を進め、大会初戦を3-0の完封勝利で飾ったバルセロナ。4年ぶり3度目の世界一に王手をかけ、中2日の決勝でリバープレートとの頂上決戦に臨む。

(取材・文 西山紘平)

●クラブW杯2015特集

2015/12/17 バルセロナvs広州恒大

元の記事へ移動

バルセロナはメッシとネイマールがいなくても

スアレスがいるんだなー

ただ、あのバルセロナであっても引いた相手に対して崩すのは

個の力(ミドル)だった

そう考えるとアジアで苦戦してる日本代表も

そこまで心配しなくていいかもしれない



にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

横浜F・マリノス ブログランキングへ