痛恨スコアレスドローも2位浮上…連覇狙う川崎Fは「やり続けるしかない」

元の記事へ移動

悔しそうな表情を見せる川崎フロンターレMF大島僚太(写真左)ら
[8.15 J1第22節 川崎F0-0鳥栖 等々力]

 徹底的に守備を固めてきた相手にスコアレスドロー。川崎フロンターレにとって大きく悔いの残る結果に終わったが、選手たちは一様に割り切った様子を見せていた。「俺らはやり続けるしかないですから」。そんなMF中村憲剛の言葉が象徴的だった。

「もっと決められるようにしないといけないし、決められないならもっとチャンスをつくらないといけない」(中村)。クラブを誰よりもよく知る38歳は苦笑い気味に振り返る。放ったシュートは25本。ただ闇雲に狙っただけではなく、GKと1対1を迎える場面も多くあったが、その優勢はスコアに反映されなかった。

 決定的なラストパスを何度も通したMF大島僚太も同様の受け止め方を見せた。「相手が割り切った戦い方なのでこういう展開になった。決められなかったことが結果につながった」。当たり前と言えば当たり前だが、そうとしか言いようがないのも事実。「頭を切り替えてやっていきたい」と次の試合を見据えた。

「みんなのイメージを共有して、変わらずやっていくべき」と述べたのは右サイドのギャップでタメをつくっていたMF家長昭博。「良かった点も悪かった点もある。勝ったか負けたかではなく、良かった点は続けて、悪かった点は改善したい」と冷静に述べた。

 この1試合だけを見れば悔しい勝ち点1だが、他会場で2位のFC東京が敗れたため暫定2位に浮上。残り試合を1つ多く残したなか、首位を独走する広島を勝ち点9差で追うという状況となった。「俺らはやり続けるしかない」――。最大の目標であるJリーグ連覇に向け、川崎Fはとにかくブレずに進んでいく。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

今夏の加入で定位置つかんだ柏DF高木利弥「攻撃の部分ではもっと特徴を出さないと」

元の記事へ移動

DF高木利弥(6番)にとって柏加入後初の無失点に
[8.15 J1第22節 FC東京0-1柏 味スタ]

 第21節終了時で暫定14位と結果がふるわない柏レイソル。とりわけ11試合連続失点中の守備の立て直しは急務だった。今夏、千葉から完全移籍で加入してきたDF高木利弥は、柏での出場6試合目にして初の無失点に貢献した。

「ガマンして、チャンスあると思ったので。ちょっと押し込まれすぎた部分もありましたけど、みんなで耐えられたので、ポジティブに考えたいと思います」。左サイドバックとしてフル出場した高木は、手応えを口にした。

 後半32分にMF瀬川祐輔のゴールで柏が先制するまで、FC東京に押し込まれる展開が続いた。後半立ち上がりすぐの時間には、FW永井謙佑に右サイドをえぐられ、クロスを許す。中央に待ち構えていたFWリンスに永井は合わせたが、中央に絞っていた高木がクリアして事なきを得る。

 アタッキングサードに運ぶことさえ困難になっていた後半26分には、機を見たオーバーラップで敵陣に攻め入ると、瀬川のヘディングシュートにつながるピンポイントクロスを供給する。「攻撃の部分ではもっと自分の特徴を出さないといけなかったと思うんですけど、それは次への課題というか、まずは勝てたことがよかったと思います」。25歳の左サイドバックは、勝利を噛み締めつつ今後のタスクを自身に課していた。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第22節 スコア速報

20日ほど前までは本拠地…名古屋DF金井、「気負いなかった」も、ドフリーを豪快に外す

元の記事へ移動

古巣戦に臨んだDF金井貢史とFW前田直輝
[8.15 J1第22節 横浜FM1-2名古屋 日産ス]

 決まった!と思った。前半41分、右サイドをDF宮原和也がジョーとのワンツーで突破。中央のFW前田直輝にパスを出すと、ボールは左サイドで完全にフリーになっていたDF金井貢史に展開された。

 しかし右足から放ったシュートを大きく枠上に外してしまう。金井は「あそこで決めていれば試合展開も楽だったので、決めないといけなかったなと思います」。勝ちはしたものの、その後同点に追いつかれたこともあり、しっかりと反省した。

「気負いはなかった。今日もアウェーという気はしなかった。僕自身はホームだという気持ちでやっていた。ただ景色が逆になったので、不思議な感覚でしたけど、勝てて良かったです」

 20日ほど前はこの日の敵であるトリコロールのユニフォームを身にまとっていた。名古屋には7月25日に完全移籍。出場機会を減らしていた中での苦渋の決断だった。

 だが新天地に移ると、いきなり本領発揮。8月11日の鹿島戦では2ゴールを決めて、チームを勝利に導いた。「もともとすぐに馴染めるタイプ」と自身を分析した金井は「サポーターに早くあいさつ代わりのゴールが出来たのかな」と笑顔で振り返る。

 すでに赤鯱の戦士。この日は後輩の19歳MF山田康太に激しく当たる場面もみられた。これについては「普通ですけど」ととぼけたものの、「一回ガツンとやっとこうかなと。康太も分かっていると思う」とニヤリとしていた。

 また金井とともに今夏加入、昨季まで横浜F・マリノスに所属していた前田直輝にとっても、特別な一戦になっていた。ただここまで加入直後とは思えないパフォーマンスの良さを見せていたが、この日は得点に絡むことなく、後半24分に途中交代した。

「気持ちが入り過ぎた。やっぱり日産スタジアムに入ると高ぶるものがありました。もっと成長した姿を見せたかった」と唇を噛んだ前田。チームが最下位を脱出したことについても「まだ通過点。半年が終わったときにどうなっているかが大事。一試合一試合というのは変わらないです」と改めて気を引き締めていた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

FC東京vs柏 試合記録

元の記事へ移動

【J1第22節】(味スタ)
FC東京 0-1(前半0-0)柏


<得点者>
[柏]瀬川祐輔(77分)

<警告>
[F]チャン・ヒョンス(49分)
[柏]鎌田次郎(28分)

観衆:20,986人
主審:東城穣
副審:岡野宇広、西村幹也
14位柏が上位つぶし、2位FC東京は痛恨の連敗…
チームの苦境を救うバイシクル弾!柏MF瀬川は驚くも自信につながるゴールに


<出場メンバー>
[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 5 丹羽大輝
DF 48 チャン・ヒョンス
DF 25 小川諒也
(86分→MF 40 平川怜)
MF 39 大森晃太郎
(79分→DF 6 太田宏介)
MF 7 米本拓司
MF 8 高萩洋次郎
MF 38 東慶悟
FW 13 リンス
(78分→FW 17 富樫敬真)
FW 11 永井謙佑
控え
GK 1 大久保択生
DF 22 山田将之
MF 44 品田愛斗
FW 20 前田遼一
監督
長谷川健太

[柏レイソル]
先発
GK 1 桐畑和繁
DF 13 小池龍太
DF 3 ナタン・ヒベイロ
DF 2 鎌田次郎
DF 6 高木利弥
MF 8 小泉慶
MF 17 手塚康平
(90分+3→MF 37 細貝萌)
MF 18 瀬川祐輔
FW 14 伊東純也
FW 10 江坂任
(85分→MF 39 亀川諒史)
FW 15 キム・ボギョン
(74分→FW 9 クリスティアーノ)
控え
GK 16 滝本晴彦
DF 22 パク・ジョンス
MF 7 大谷秀和
FW 19 中川寛斗
監督
加藤望

横浜松原1発も敗戦に「ジョーを任せすぎた」

元の記事へ移動

 横浜F・マリノスはDF松原健(25)の今季初ゴールとなる鮮やかなミドルシュートで一時は同点に追いついたが、終了間際の後半45分にFWジョー(31)に決勝点を許して1-2で敗れた。  1点ビハインドの後半4分、ペナルティーエリア手前でボ…

チェルシー新監督が改革中…コンテが作った2つのルールを撤廃

元の記事へ移動

マウリツィオ・サッリ監督が改革
 今夏からチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、アントニオ・コンテ前監督が設定した2つのルールを撤廃した。英『テレグラフ』が報じている。

 コンテ前監督といえば、完全主義者で規律と規則を重んじる人物として知られ、選手たちに対して様々なルールを設定していた。しかし、サッリ新監督はそのルールのうち、食事制限とホームゲーム前日に同じホテル滞在するという決まりを撤廃したようだ。

 同紙によると、この2つのルールは選手たちから歓迎されていなかった。サッリ監督は、選手個人の自主性に任せる方針で、チーム内の雰囲気作りを心がけているという。

 チェルシーは、ハダースフィールドとの今季開幕戦を3-0で勝利。好スタートを切った。次節はホームでのアーセナルとの“ビッグロンドン・ダービー”。プレミアリーグ2戦目にしてサッリ監督の手腕が試される重要な一戦を迎える。

●プレミアリーグ2018-19特集

5年ぶり4連勝名古屋、ジョー4戦7発絶好調も…次節トーレスとの競演は「残念」出場停止でお預け

元の記事へ移動

4戦7発と絶好調のFWジョー
[8.15 J1第22節 横浜FM1-2名古屋 日産ス]

 名古屋グランパスが13年以来、5年ぶりとなる4連勝で、4月14日の第8節以来となる最下位を脱出した。

 名古屋のエースが止まらない。夏の移籍市場はMFアンドレス・イニエスタの加入で一色となっているJリーグだが、開幕前の段階では、昨季ブラジル全国選手権得点王のジョーが、最も大物助っ人として注目を集めた。

 しかし開幕戦で得点するなど存在感を示していたが、その後、チームの低迷とともに失速。ちょうど半分の17試合を6ゴール。期待値からすると物足りない成績に終わっていた。

 ただ大補強で変貌を遂げた名古屋にあって、ジョーのコンディションも上昇。8月1日の仙台戦から4試合連発。その間7発を決め、得点ランキングでも一気に首位のFWパトリック(広島)に3ゴール差と迫った。

「みんなチームが必死で頑張っている結果」と満足げに振り返ったジョー。この日の先制点の場面など「自分の足もとに収まってラッキーな部分がある」としながらも、「落ち着いて決められたのは集中力が高かったことだと思う」と自信満々に答える。風間八宏監督も「相手の最終ラインが怖がっている。ボールを受けてくれるし、守備でも早くいいポジションをとってくれる。得点は彼の才能だと思う」と絶大な信頼を寄せていた。

 しかし前半38分に受けてしまったイエローカードによって、次節、19日にホームで行う鳥栖戦は出場停止。FWフェルナンド・トーレスとの注目対決はお預けになった。「本当に残念」と苦笑いを浮かべたジョーは、「サッカーでは起こることなので、外からしっかりと応援します」と切り替えていた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

「落ち着いていた」シュートは無情にも…齋藤学は川崎F移籍後初ゴールならず

元の記事へ移動

ビッグチャンスを逃した川崎フロンターレMF齋藤学
[8.15 J1第22節 川崎F0-0鳥栖 等々力]

 ゴール前で訪れた“どフリー”でのビッグチャンス。満を持して放ったシュートは無情にもゴールマウスを外れていった。川崎フロンターレMF齋藤学は「決めない限りここにいる意味はない。申し訳ない」と肩を落とした。

 齋藤は第22節サガン鳥栖戦の後半36分、チームが圧倒的に優勢を保っている中、再三チャンスがつくられていた左サイドハーフで送り出された。すると同42分、この試合で最大ともいえる千載一遇のチャンスが背番号37に到来した。

 左サイドから中央に絞った齋藤を狙い澄ましたパスがMF大島僚太からピタリ。「落ち着いていたので、最初は思い切り打とうと思ったけど、(ファーに)流そうとして……」(齋藤)。再三攻守を見せていたGK権田修一のテンポを外し、左足を鋭く振り抜いたが、ボールは左へと外れてしまった。

「僚太のパスがすごかったので決めないといけなかった」。そう肩を落とした28歳は「試合に出ていない人がたくさんいるなかで、次のチャンスがいつ来るか分からない。あの一発を決められるような選手にならないといけない」と述べ、いまだ遠い移籍後初ゴールに向けて気持ちを入れ直した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ