J史上初平日金曜日開幕戦、開始3分に鳥栖先制も神戸後半の猛攻でドロー

元の記事へ移動

鳥栖対神戸の一戦は1-1の引き分けに終わった
[2.23 J1第1節 鳥栖1-1神戸 ベアスタ]

 2018シーズンのJ1リーグが23日に開幕。史上初の平日金曜日開催となった一戦、サガン鳥栖のホームで行ったヴィッセル神戸との一戦は1-1の引き分けに終わった。

 史上初の平日金曜日開幕となったJ1リーグだが、20時キックオフのゲームにも関わらず、佐賀県鳥栖市にあるベストアメニティスタジアムには1万9633人が詰めかけ、この日唯一に一戦を見届けた。

 鳥栖は神戸から完全移籍で加入したMF高橋秀人が先発で出場した。なお、マッシモ・フィッカデンティ監督がインフルエンザのために欠席。ブルーノ・コンカコーチが代行で指揮を執った。

 神戸は新加入のMF三田啓貴やMFルーカス・ポドルスキ、FW渡邉千真、FWハーフナー・マイクが同時に先発する強力布陣。また青森山田高から加入のルーキーMF郷家友太がベンチ入りした。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合はいきなり動いた。前半2分、鳥栖はエリア内に侵入したFW田川亨介がDF那須大亮に倒されてPKを獲得。これを田川自らが決めて先制に成功。18シーズンJリーグファーストゴールは東京五輪世代期待の19歳FWによってもたらされた。

 出はなをくじかれた神戸だが、いい形でボールが回らない。ポドルスキはフリーマンのようにしてプレー。最前線に位置したかと思えば、ボランチの位置まで下がってボールをさばく。しかし思うようにいかず、何度も首をかしげるシーンがあった。

 ただ1-0と鳥栖リードで折り返した後半、最初にチャンスを迎えたのは神戸だった。3分、右サイドでCKを獲得すると、三田が蹴り入れたボールをGK権田修一がファンブル。だがDF渡部博文がオーバーヘッドで押し込んだボールはクロスバーに嫌われた。

 後半は神戸がペースを握る。後半10分には波状攻撃からあと一歩でゴールという所まで迫る。鳥栖は同14分にFW趙東建に代えてFW池田圭を投入してリズムに変化を求める。一方の神戸はここが勝負と同19分にFWウェリントンとFW小川慶治朗を同時投入(DF橋本和とFW渡邉千真が交代)し、さらに攻撃陣に厚みを持たせた。

 だが得点はなかなか入らない。鳥栖が後半25分に田川に代えてDF高橋祐治を投入し、5バックにして逃げ切り態勢を整えたこともあり、神戸はさらに苦しくなる。同30分には神戸は新加入のタイ代表DFティーラトンを投入。ここで郷家の開幕戦デビューの可能性はなくなった。

 ただその後も攻める神戸。後半34分に神戸がゴール前で獲得したFKをティーラトンが直接狙う場面があったが、枠内に飛んだシュートは権田に弾き出されてしまうが、ついに同42分、ゴール前の混戦でこぼれたボールをペナルティーアーク内にいたハーフナーが左足ボレーで狙う。これが権田の手を弾いてゴール右隅に収まり、同点弾になった。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

「日々の取り組みの姿勢を強烈に変えてくれ」。流経大柏に4失点敗戦、U-16代表候補は個々が日常変える

元の記事へ移動

U-16日本代表候補はFW大澤朋也(大宮ジュニアユース)が1得点を奪ったものの、1-4で敗れた
[2.23 練習試合 U-16日本代表候補 1-4 流通経済大柏高]

 19年U-17W杯を目指すU-16日本代表候補が関東合宿最終日の23日、練習試合2試合を行った。この日2試合目の流通経済大柏高戦(40分ハーフ)は、1-4で敗戦。U-16代表候補は1勝1敗で練習試合2試合を終えた。
 
 試合後、U-16代表の森山佳郎監督は「(第1試合の市立船橋高も第2試合の流経大柏も)両方とも最上級生のレギュラークラスで来てくれた。世界大会では2学年上くらいのフィジカルなので。その中でできたことが、守備も攻撃も含めたら3割くらいかなというところ」と評した。初招集組も、中学2年生もいるチームは共通理解の部分もまだまだ。第1試合では市立船橋の猛攻を何とか凌いで2-1で勝利したが、メンバーを入れ替えて第2試合に臨んだU-16代表候補は流経大柏のハイプレスに苦しみ、1-4で敗れた。

 前半2分に献上したPKは相手のシュートが枠を外れて失点には繋がらなかったものの、A2チームが先発した流経大柏に押し込まれる時間が続いてしまう。そして23分にFW瀧本脩司の右足シュートが左ポストを叩き、内側のゴール方向に跳ね返ったところへFW八木滉史も詰めて流経大柏が先制点。さらに25分には、MF河村淳司の左クロスのこぼれ球を八木に押し込まれてU-16代表候補は2点ビハインドを負ってしまう。

 それでも、U-16代表候補は32分に1点を返す。左サイドから中へ切れ込んだMF近藤蔵波(C大阪U-15)のスルーパスでFW唐山翔自(G大阪ジュニアユース)が抜け出し、その折り返しをFW大澤朋也(大宮ジュニアユース)が右足で押し込んだ。

 U-16代表候補はMF横川旦陽(湘南U-15)や近藤が奪ったボールを素早く繋ぎ、大澤や唐山がスペースを狙おうとする。セカンドボールを拾ってゴール前まで持ち込むシーンもあったが、一方で相手の厳しいプレッシングの前に精度の高い攻撃をすることができず、逆にカウンターからピンチとなるシーンも。一方の流経大柏は後半、MF熊澤和希やCB西尾颯大といった主力組にメンバーを入れ替えてさらに攻守の迫力を増すと12分、左CKのこぼれ球を右SB佐藤輝が左足で決めて3-1と突き放した。

 セットプレーで相手よりも先にボールに触れないシーンも目立つU-16代表候補は、23分にも流経大柏・左SB間洋登のクロスをMF木村聖に頭で合わせられて1-4。そのまま3点差で敗れた。

 昨年、U-17W杯で指揮を執った森山監督の下、今秋のAFC U-16選手権へ向けた活動をスタートしているU-16代表候補は、今回の関東合宿で3日間のアスリートチェックを実施。体幹など個々の課題が指摘され、宿題が課された。3月、4月は代表チームとしての活動がないため、それぞれが所属チームで宿題に取り組み、その先発争いや公式戦を通して成長してくることが求められている。

 森山監督は「(今回の合宿では)チームで、日常で変えてくれという意識付けですね。『今のままじゃダメだよ』、というところ、『もっと高い意識を持って日々の取り組みの姿勢を強烈に変えてくれ』と大分言いました」。今回の関東合宿メンバーも参加したUAE遠征(2月2日~11日)ではベルギーに0-3で完敗。海外遠征やこの日の練習試合2試合で力不足を感じた選手たちは日常を“強烈に”変えて、逞しさを増して次の代表活動に戻ってくる。
 
(取材・文 吉田太郎)

EL組み合わせ決定。香川真司ドルトは南野拓実擁するザルツブルクと。アーセナルはミランと名門対決

元の記事へ移動

香川VS南野の日本人対決が実現!!決勝T2回戦でアーセナルはミランと対戦

元の記事へ移動

決勝トーナメント2回戦で日本人対決が実現
 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦の組み合わせ抽選会が23日に行われた。

 MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はFW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)との対戦が決まり、日本人対決が実現。DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はビルバオ(スペイン)と対戦するほか、優勝候補のアーセナル(イングランド)はミラン(イタリア)と激突する。

 決勝トーナメント2回戦は第1戦が3月8日、第2戦が15日にホーム&アウェーで行われる。

組み合わせは以下の通り(※左が第1戦ホーム)

ラツィオ(イタリア) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ライプツィヒ(ドイツ) vs ゼニト(ロシア)
アトレティコ・マドリー(スペイン) vs ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
CSKAモスクワ(ロシア) vs リヨン(フランス)
マルセイユ(フランス) vs ビルバオ(スペイン)
スポルティング・リスボン(ポルトガル) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
ドルトムント(ドイツ) vs ザルツブルク(オーストリア)
ミラン(イタリア) vs アーセナル(イングランド)

●EL17-18特集

フライデーナイトJリーグで開幕

元の記事へ移動

開幕戦は残念ながらアウェイでのナイター。現地参戦できない人が多いものの気持ちはスタジアムに。イオンでのPVでもかなりの人が集まっているようでスペースがなんの人だかりかわからないほどw後ろの方はスクリーンが見えているんでしょうか?

ベアスタのビジター側も思ったよりも人がいるようです。サポーターツアーのおかげです。ありがたや。
まだまだ寒い中ですがスタンドは熱気でみちていることでしょう。

せっかくJリーグが始めた金曜ナイターの開幕戦なのにテレビでの放送がないのは見直さないといけないですね。
ようやく見ることができるヴィッセルの初戦、今シーズンがターニングポイントになるのか!?






_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|
↓ ↓ ポチお願いします ↓ ↓

Jリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 トラコミュ ヴィッセル神戸へ
ヴィッセル神戸
↑ ↑ ポチお願いします ↑ ↑
_| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _| _|

[讃岐]生粋のサッカー小僧。生活そのものを捧げる讃岐の19歳MF佐々木匠

元の記事へ移動


 今季より育成型期限付き移籍で仙台から加入した讃岐のMF佐々木匠だが、その存在感は新天地でもすでに輝き始めている。世代別日本代表の常連であるこの19歳は、ピッチで非凡な能力を発揮するだけでなく、サッカーへ取り組む姿勢でも際立つ高い意識を見せる。

 日々のトレーニングでは誰よりも先に練習場に現れ、チームの全体練習終了後には最後の一人になるまで居残り練習。

「練習は2時間前から入ってまず体づくりから始めています。(居残り練習では)最後は遊びであっても、やるときはしっかり集中しながらやっていますね。一番最初に練習に来たいし、みんなより多く練習したいんです」

 その日々の小さな積み重ねはプロ3年目という若手選手らしいフレッシュさがあふれるところだが、これは「小学校のときからずっと」という少年時代からのルーティーンだという。

 サッカー以外にはこれといった大きな趣味を持たず、練習場をあとにしてからも昼食後にジムワークで体づくり。家に帰ってからも「海外サッカーが好きなのでDAZNとかでサッカーを見てしまいますね。そして夜10時には寝ているっていう感じです」と生活そのものをサッカーに捧げている。それはまさにストイックというべきものだが、そこに悲壮感はなく、「いましかできないと思うんで。将来的には海外や代表でもやりたいし、いまやっておかないと」。あどけなさの残る表情で楽しそうに話す様は生粋のサッカー小僧そのものだ。

写真:松本隆志

森島司、交通事故から2か月でまた接触…双方にけがはなし

元の記事へ移動

MF森島司が交通事故
 サンフレッチェ広島は23日、MF森島司が交通事故を起こしたことを発表した。

 23日の17時35分頃、広島県安佐南区内で森島が運転する乗用車が店舗駐車場から出て右折した際、右方向から直進してきた乗用車に接触。双方に怪我はないという。

 クラブは「森島選手に厳重注意を行うとともに、事故再発防止に向けて、全選手、クラブ関係者に安全運転の取り組みを徹底いたします」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

[清水]約2時間の非公開練習。チケット完売の開幕戦に向けて「良い練習ができた」(ヨンソン監督)

元の記事へ移動


 清水は23日、非公開練習に入った。室内でミーティングを行い、選手たちがピッチに現れたのが10時20分すぎ。冒頭の15分は記者陣にも公開されたが、その後はディフェンスの確認事項、またセットプレーのところも確認したとのこと。セットプレーは、前日の22日に確認する予定だったが、急きょ変更してこの日に行われることになった。

 ヤン・ヨンソン監督が練習を終えて記者室に現れたのは12時30分すぎ。つまり、約2時間はピッチで練習をしたことになる。開口一番に「良い練習ができた」と話すように、準備は念入りに行われているようだ。

「開幕戦はいろいろと期待のかかる試合になる。それに対して、選手たちには楽しんでゲームに臨んでもらいたいと思う。ただ、リーグは続くので、気持ちの高ぶりも自制しながら臨んでほしい」

 チケットも完売し、大勢の注目を浴びる中で、ヨンソン監督の清水での初陣を飾りたい。