大前&鄭大世弾も…“外弁慶”清水、昨季からリーグ戦ホーム15戦勝ちなし

元の記事へ移動

[4.17 J2第8節 清水2-2讃岐 アイスタ]

 清水エスパルスはまたもホームで勝つことが出来なかった。カマタマーレ讃岐と対戦した清水は、2-2でドロー。今季アウェーは3戦全勝の清水だが、これでホームは5戦3分2敗。昨年のJ1リーグ戦も含めると、ホーム戦は15試合勝ちがない状態となった(最後の勝利は昨年5月30日の川崎F戦)。大雨注意報が発令される中、6552人を集めたIAIスタジアム日本平のサポーターに白星を届けることは出来なかった。

 あっという間の先制劇だった。開始44秒、左サイドからチャンスメークを図る讃岐は、MF高木和正がゴール前のスペースにクロスを入れる。これに走り込んだFW仲間隼斗が後ろからDF福村貴幸に引っ掛けられて倒れるが、ボールは仲間のもも付近に当たってコースが変わる。これが見事に枠内を捕え、先制点になった。

 しかし清水は前半20分、同点ゴールを奪う。右サイドからMF村田和哉がクロスを入れると、ニアに走り込んだMF大前元紀がコースを変えて流し込む。清水にとっては今季ホーム戦、5戦目にしてようやく初得点が生まれた。

 後半に入って最初に試合を動かしたのは清水。後半9分、中央をドリブルで持ち上がったFW鄭大世が中央からDFの裏を巻くようにして左足でミドルシュートを狙う。ワンバウントしたボールはスリッピーなピッチで伸び、左ポストをかすめるようにしてゴールマウスを捕える。FWミッチェル・デュークが夫人の出産のため英国に帰国中ということもあり、今季初先発となった32歳FWが、決定力の高さを見せつけた。

 だが、清水はようやく奪った逆転弾も勝利に繋げることが出来ない。後半17分、讃岐はミドルレンジでボールを持ったFW木島徹也がワンフェイントを入れてDFのスライディングを外したあと、右足を一閃。弾丸シュートが飛ぶと、ボールは右ポストを叩いて、ゴールネットに収まった。

●[J3]第5節2日目 スコア速報

2016明治安田生命J2リーグ第8節(vs 東京ヴェルディ)当日券販売に関するご案内

元の記事へ移動

横浜FCでは4/17(日)開催2016明治安田生命J2リーグ第8節横浜FC対東京ヴェルデイ戦の当日券を下記の通り販売いたします。【対象試合】2016年4/17(日)17:00キックオフ2016明治安田生命J2リーグ第8節 横浜FC 対 東京ヴェルデイ戦【当日券販売場所】ニッパツ三ツ沢球技場 当日券売

横浜FCvs東京V スタメン発表

元の記事へ移動

[4.17 J2第8節](ニッパツ)
※17:00開始
主審:野田祐樹
副審:塚越由貴、鈴木規志
<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 1 渋谷飛翔
DF 15 市村篤司
DF 5 西河翔吾
DF 4 デニス・ハリロヴィッチ
DF 3 田所諒
MF 10 寺田紳一
MF 8 佐藤謙介
MF 16 野村直輝
MF 19 小野瀬康介
FW 14 イバ
FW 11 三浦知良
控え
GK 18 南雄太
DF 28 藤井悠太
MF 20 ロク・シュトラウス
MF 21 大崎玲央
MF 6 中里崇宏
FW 39 大久保哲哉
FW 9 津田知宏
監督
ミロシュ・ルス

[東京ヴェルディ]
先発
GK 1 柴崎貴広
DF 2 安西幸輝
DF 3 井林章
DF 23 田村直也
DF 6 安在和樹
MF 8 中後雅喜
MF 30 高木純平
MF 10 高木善朗
MF 11 南秀仁
FW 25 平本一樹
FW 18 高木大輔
控え
GK 26 太田岳志
DF 5 平智広
MF 20 井上潮音
MF 28 楠美圭史
FW 29 北脇健慈
FW 7 杉本竜士
FW 9 アラン・ピニェイロ
監督
冨樫剛一

●[J2]第8節2日目 スコア速報

秋田vs栃木 試合記録

元の記事へ移動

【J3第5節】(A-スタ)
秋田 2-1(前半1-0)栃木


<得点者>
[秋]前山恭平(29分)、浦島貴大(57分)
[栃]大石治寿(79分)

観衆:1,339人
主審:大坪博和
副審:淺田武士、佐藤紳弥

<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 松本拓也
DF 5 堀田秀平
DF 24 山田尚幸
DF 13 新里彰平
MF 32 浦島貴大
MF 6 日高慶太
MF 8 熊谷達也
MF 9 呉大陸
FW 11 久富賢
FW 16 遊馬将也
(84分→FW 17 堺俊暉)
FW 7 前山恭平
(74分→FW 29 田中智大)
(90分+5→MF 18 畑田真輝)
控え
GK 1 野村政孝
DF 4 深井脩平
MF 14 川田和宏
MF 25 伊東輝悦
監督
間瀬秀一

[栃木SC]
先発
GK 21 吉満大介
DF 17 山形辰徳
(71分→MF 20 山本大稀)
DF 4 広瀬健太
DF 5 尾本敬
DF 3 西村洋平
MF 8 廣瀬浩二
(85分→MF 41 佐々木勇人)
MF 16 斉藤大介
MF 30 本間勲
MF 14 西谷和希
FW 9 大石治寿
FW 10 杉本真
(61分→FW 11 ジャーン・モーゼル)
控え
GK 35 川田修平
MF 2 西澤代志也
MF 7 菅和範
FW 13 上形洋介
監督
横山雄次

●[J3]第5節2日目 スコア速報

【J1.1st 第7節 浦和×仙台】“KLMトリオ”躍動の浦和、今季初の3発勝利!!苦しむ仙台は4連敗…【画像・動画】

元の記事へ移動


00015015


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2016年4月16日(土) 00:00:00.00 ID:000
[4.16 J1第1ステージ第7節 浦和 3-1 仙台 埼玉スタジアム2002(31,012人)]
得点:
53' 李 忠成
74' 興梠 慎三
76' 武藤 雄樹

54' 三田 啓貴

 
J1は16日、第1ステージ第7節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとベガルタ仙台が対戦。
前半をスコアレスで折り返した試合は、後半8分にFW李忠成のゴールで浦和が先制するも、同9分にMF三田啓貴が決めて仙台が同点に追い付く。
しかし同29分にFW興梠慎三、同31分にFW武藤雄樹がゴールを陥れた浦和が3-1の勝利を収めた。

ホームの浦和は4月10日に行われた第6節横浜FM戦(△0-0)と同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。
対する3連敗中のアウェー仙台は前節G大阪戦(●1-3)から先発3人を入れ替え、FWハモン・ロペス、MF野沢拓也、MFキム・ミンテを先発起用した。

試合開始から浦和が一方的に押し込む展開となり、前半3分には李、同4分にはDF森脇良太が積極的にシュートを狙いゴールを脅かす。
しかし、GK石川慧のセーブや守備陣の粘り強い対応で仙台が簡単には先制ゴールを許さない。
同23分には仙台がカウンターを発動させ、左サイドの野沢から送られたグラウンダーのクロスにハモン・ロペスが飛び込むもシュートはジャストミートしなかった。

その後も浦和が押し込む時間帯が続いたが、仙台守備を攻略し切れず。
仙台もカウンターやセットプレーからゴールに迫る場面を創出したがネットを揺らすことはできずにスコアレスのまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

0-0のまま後半を迎えると、立ち上がりに浦和が立て続けに好機を創出する。
後半4分にはMF関根貴大の弾道の低いクロスが相手DFに当たってゴールを脅かしたが好反応を見せた石川慧がストップ。
さらに同6分にはDF槙野智章のラストパスを李が左足ダイレクトで合わせるも、ボールはポストを叩いて先制点とはいかなかった。

しかし後半8分、左サイドから槙野が送ったクロスを李がヘディングシュートで押し込み、浦和がついに先制。
だが、同9分に左サイドから切れ込んだ三田がDF遠藤航のチャージにも屈せずシュートまで持ち込むと、右足から放たれたボールがネットを揺らし、すぐさま仙台が試合を振り出しに戻した。
後半26分には仙台がカウンターを仕掛けるとMF奥埜博亮、キム・ミンテとつないだボールから最後はMF藤村慶太が左足ミドルでゴールを狙うも、わずかにゴール右に外れてしまう。

すると後半29分、高い位置でボールを奪ったMF阿部勇樹が前線へスルーパスを通すと、PA内に進入した興梠が石川慧の動きを見極めてゴールに流し込み、浦和が勝ち越しに成功。
さらに同31分には左サイドからMF梅崎司が送ったクロスを武藤がヘッドで叩き込んで、一気にリードを2点差に広げた。

その後も攻勢を掛ける浦和だが後半36分の興梠のシュートが石川慧にストップされるなど、追加点は生まれず。
しかし仙台にも反撃を許さずに逃げ切って3-1の勝利を収めた。
前線でトライアングルを形成する興梠、李、武藤の“KLMトリオ”はそろい踏みで、今季初の3発勝利に貢献した。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?187469-187469-fl



順位表
http://www.jleague.jp/standings/index.html
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/



スポンサーリンク






続きを読む

【J1.1st 第7節 広島×新潟】“KLMトリオ”躍動の浦和、今季初の3発勝利!!苦しむ仙台は4連敗…【画像・動画】

元の記事へ移動


00015015


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2016年4月16日(土) 00:00:00.00 ID:000
[4.16 J1第1ステージ第7節 浦和 3-1 仙台 埼玉スタジアム2002(31,012人)]
得点:
53' 李 忠成
74' 興梠 慎三
76' 武藤 雄樹

54' 三田 啓貴

 
J1は16日、第1ステージ第7節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとベガルタ仙台が対戦。
前半をスコアレスで折り返した試合は、後半8分にFW李忠成のゴールで浦和が先制するも、同9分にMF三田啓貴が決めて仙台が同点に追い付く。
しかし同29分にFW興梠慎三、同31分にFW武藤雄樹がゴールを陥れた浦和が3-1の勝利を収めた。

ホームの浦和は4月10日に行われた第6節横浜FM戦(△0-0)と同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。
対する3連敗中のアウェー仙台は前節G大阪戦(●1-3)から先発3人を入れ替え、FWハモン・ロペス、MF野沢拓也、MFキム・ミンテを先発起用した。

試合開始から浦和が一方的に押し込む展開となり、前半3分には李、同4分にはDF森脇良太が積極的にシュートを狙いゴールを脅かす。
しかし、GK石川慧のセーブや守備陣の粘り強い対応で仙台が簡単には先制ゴールを許さない。
同23分には仙台がカウンターを発動させ、左サイドの野沢から送られたグラウンダーのクロスにハモン・ロペスが飛び込むもシュートはジャストミートしなかった。

その後も浦和が押し込む時間帯が続いたが、仙台守備を攻略し切れず。
仙台もカウンターやセットプレーからゴールに迫る場面を創出したがネットを揺らすことはできずにスコアレスのまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

0-0のまま後半を迎えると、立ち上がりに浦和が立て続けに好機を創出する。
後半4分にはMF関根貴大の弾道の低いクロスが相手DFに当たってゴールを脅かしたが好反応を見せた石川慧がストップ。
さらに同6分にはDF槙野智章のラストパスを李が左足ダイレクトで合わせるも、ボールはポストを叩いて先制点とはいかなかった。

しかし後半8分、左サイドから槙野が送ったクロスを李がヘディングシュートで押し込み、浦和がついに先制。
だが、同9分に左サイドから切れ込んだ三田がDF遠藤航のチャージにも屈せずシュートまで持ち込むと、右足から放たれたボールがネットを揺らし、すぐさま仙台が試合を振り出しに戻した。
後半26分には仙台がカウンターを仕掛けるとMF奥埜博亮、キム・ミンテとつないだボールから最後はMF藤村慶太が左足ミドルでゴールを狙うも、わずかにゴール右に外れてしまう。

すると後半29分、高い位置でボールを奪ったMF阿部勇樹が前線へスルーパスを通すと、PA内に進入した興梠が石川慧の動きを見極めてゴールに流し込み、浦和が勝ち越しに成功。
さらに同31分には左サイドからMF梅崎司が送ったクロスを武藤がヘッドで叩き込んで、一気にリードを2点差に広げた。

その後も攻勢を掛ける浦和だが後半36分の興梠のシュートが石川慧にストップされるなど、追加点は生まれず。
しかし仙台にも反撃を許さずに逃げ切って3-1の勝利を収めた。
前線でトライアングルを形成する興梠、李、武藤の“KLMトリオ”はそろい踏みで、今季初の3発勝利に貢献した。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?187469-187469-fl



順位表
http://www.jleague.jp/standings/index.html
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/



スポンサーリンク






続きを読む

C大阪vs北九州 スタメン発表

元の記事へ移動

[4.17 J2第8節](ヤンマー)
※16:00開始
主審:柿沼亨
副審:関谷宣貴、森川浩次
<出場メンバー>
[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 5 田中裕介
DF 14 丸橋祐介
DF 15 松田陸
DF 23 山下達也
MF 6 ソウザ
MF 10 ブルーノ・メネゲウ
MF 24 山村和也
FW 8 柿谷曜一朗
FW 9 杉本健勇
FW 11 リカルド・サントス
控え
GK 27 丹野研太
DF 22 中澤聡太
DF 33 椋原健太
MF 2 扇原貴宏
MF 7 関口訓充
FW 20 玉田圭司
FW 29 澤上竜二
監督
大熊清

[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 21 鈴木彩貴
DF 23 寺岡真弘
DF 5 前田和哉
DF 41 刀根亮輔
DF 2 石神直哉
MF 7 風間宏希
MF 17 加藤弘堅
MF 10 小手川宏基
MF 11 井上翔太
FW 9 原一樹
FW 14 池元友樹
控え
GK 1 阿部伸行
DF 19 川島大地
DF 4 市川恵多
MF 24 新井純平
MF 43 本山雅志
FW 13 多田高行
FW 15 大島秀夫
監督
柱谷幸一

●[J2]第8節2日目 スコア速報