[選手権予選]U-17代表FW高橋負傷から「変わった」埼玉栄が川越東に5発逆転勝ち:埼玉

元の記事へ移動

[選手権予選]U-17代表FW高橋負傷から「変わった」埼玉栄が川越東に5発逆転勝ち:埼玉
[10.12 全国高校選手権埼玉県予選決勝T2回戦 埼玉栄高 5-1 川越東高 埼玉スタジアム第4G]

 12日、第94回全国高校サッカー選手権埼玉県予選決勝トーナメント2回戦が行われ、07年度以来なる全国大会出場を目指す埼玉栄高と川越東高との一戦は5-1で埼玉栄が逆転勝ち。早大本庄高と戦う3回戦へ進出した。

 エースの負傷がいい意味でチームを変えた。埼玉栄は9月13日の県1部リーグ・西武台高戦でU-17日本代表のエースFW高橋利樹主将(3年)が左腕を骨折。全治8週間の診断を受け、10月10日の1回戦、10月12日の2回戦出場は絶望視された。チームも同リーグで連敗が続く中でエースの負傷。だが、大目標の選手権予選が迫る中、自然と高まってきていた選手たちの意識は、この危機でさらなる自覚を促した。MF塩川尚輝(3年)は「ずっと利樹に頼っていたのがあった。それでも何枚もマークつかれて崩せなくて、自分たちの時間ができなくて失点してという試合が続いていた。(だが高橋が負傷して)『自分たちがやんなきゃ』とみんな思ったと思う」。
 
 個々の技術は高く、スピードのあるサイド攻撃という武器もある。だが、これまではどうしても高橋頼みになりがちなところがあった。そのチームが見せた変化。腕にプレートが入ったまま試合に臨むことを決意し、一週間前に合流した高橋は「1対1とか練習の中でも激しさが見えた。チームとして意識高くやってくれている。(以前は)荷物とかも後輩(が持ったり)とかだったけれど、自分たちの代とかもやってくれていたし、自分がいなくても全然大丈夫なチームだなと思いました」。

 そして当初は出場困難とされていた高橋が初戦から出場。この2回戦でもピッチに立った。塩川は「自分たちがやんなきゃいけないという気持ちと、利樹がいるという安心感がいい試合になった」。この日は試合開始直後の2分、川越東FW小林大祐主将(3年)の左CKからDFの前に入ったMF宮倉樹里杏(1年)に先制ヘッドを決められてしまう。それでも埼玉栄は15分、塩川のスルーパスで抜けだしたFW森山虎太郎(3年)がGKとの1対1を制して同点の右足シュートを決める。

 勇気を持って高いラインを敷いてきた川越東にシュートシーンをつくられ、インターセプトからMF石井皓士(2年)が放った左足シュートやMF小田一貴(3年)の右足シュートにゴールを脅かされた。また川越東GK谷崎快斗(2年)にDF背後のスペースを消されるなど攻めあぐねたが、40分に右サイドから仕掛けた高橋がDFをかわして出したラストパスをMF蔵川慎吾(3年)が左足で叩くなどチャンスをつくった埼玉栄は後半に加速する。9分、左SB飯田勇吹(3年)の右CKをGKの前に飛び込んだ塩川が頭で合わせて勝ち越し。さらに10分には右サイドのスペースを突いた高橋の折り返しを塩川がゴールへ流し込んで3-1とする。

 CB赤荻翔基(3年)を前線に上げてまず1点差にしようとする川越東の反撃を受けたものの、埼玉栄は33分に交代出場のFW宮崎直樹(3年)のアシストから右SB鈴木翔太(2年)が右足シュートを沈めて4点目。そして39分には再び右サイドを攻略し、今度は鈴木のラストパスを宮崎がゴールへ沈めた。埼玉栄は主力の右SB高野俊晟(3年)も鼻骨骨折で欠場するアクシデントもある中、16強入り。稲垣忠司監督はチームが成長してきたポイントについて「今まで高橋利樹、高橋利樹とやってきた。それ以外の選手たちが取れるようになってきたのは強み。みんなで何とかしようとする姿勢が出てきた。それが成長してきたところかなと思います」と目を細めた。

 相手がボールサイドに寄ってきている中、空いているスペースを上手く活用できず、攻略するまでに時間を擁した。精度の課題もある。指揮官も「スペースを使う狙いはできたのはいいけれど、至るまでの過程が未熟」と指摘。より判断の向上も求めたが、高橋の負傷によってSBから中盤へ再コンバートされた塩川が存在感を発揮し、この日は高野に代わって起用された鈴木が1得点1アシストと勝利に貢献した。交代選手も力を発揮するなどチームの雰囲気はいい。高橋は「まず県を取りたい」。8年ぶりの全国へ、エース頼みから「変わった」埼玉栄の士気は高まっている。

[写真]後半33分、埼玉栄は右SB鈴木のゴールで4-1とする

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

[W杯南米予選]追加招集の35歳FWもゴール!! 黒星スタートのブラジルが3発快勝

元の記事へ移動

 W杯南米予選が13日、第2節が行われ、ベネズエラをホームに迎えたブラジルが3-1の勝利を収めて今予選初白星を獲得した。

 開幕節でチリに0-2の敗戦を喫していたブラジルは、チリ戦から先発4人を入れ替え、MFロベルト・フィルミーノの負傷離脱により追加招集された35歳のFWリカルド・オリベイラらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 ブラジルがいきなり試合を動かす。前半1分、高い位置でボールを奪うと、右サイドのFWウィリアンがPA内まで持ち込んで右足を一閃。強烈なシュートはGKアラン・バロハの手を弾いてネットを揺らし、スコアを1-0とした。さらに前半42分には左サイドを華麗に突破したDFフェリペ・ルイスのグラウンダーのクロスを中央のMFオスカルがスルーすると、逆サイドから走り込んだウィリアンが蹴り込んでリードを2点差に広げる。

 後半19分にセットプレーからベネズエラに1点を返されたブラジルだったが、同28分に左サイドのFWダグラス・コスタのクロスをR・オリベイラがヘッドで叩き込んで再びリードを2点差に広げる。その後、同30分にMFコウチーニョの負傷で追加招集となった33歳のMFカカを投入したブラジルは追加点こそ奪えなかったが、ベネズエラの反撃をしのいで3-1の勝利を収めた。


●ロシアW杯南米予選特集

なでしこ佐々木監督の続投が決定

元の記事へ移動

なでしこ佐々木監督の続投が決定
 日本サッカー協会は14日、日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督との契約を更新したことを発表した。

 佐々木監督との契約は9月30日で満了となっていたが、来夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指し、続投が決定。まずは来年2~3月に大阪で行われるリオ五輪アジア最終予選に臨み、参加6チーム中、上位2チームに与えられる五輪出場権獲得を目指す。

 佐々木監督は都内で記者会見を行い、「(12年ロンドン五輪、15年女子W杯と)ここ2大会、シルバーチャンピオンで終わっているなでしこをゴールドチャンピオンにしたいという思いが高ぶったので、契約させていただいた」と、続投を決断した理由を明かした。

 佐々木監督は08年からなでしこジャパンの指揮を執り、11年の女子W杯ドイツ大会で初優勝を飾ると、12年ロンドン五輪では女子サッカー発のメダルとなる銀メダルを獲得。今夏の女子W杯カナダ大会でも準優勝に輝いた。

(取材・文 西山紘平)

佳境J2で2位磐田、名波監督が次節札幌戦ベンチ入り停止

元の記事へ移動

佳境J2で2位磐田、名波監督が次節札幌戦ベンチ入り停止
 Jリーグは14日、ジュビロ磐田名波浩監督に、1試合のベンチ入り停止処分を言い渡した。対象試合は18日のJ2第37節の札幌戦になる。

 名波監督は10日のJ2第36節の水戸戦において、執拗な抗議により退席処分を命じられた。規律委員会は、懲罰基準に照らして審議した結果、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に相当すると判断。1試合のベンチ入り停止処分とした。

 J2リーグ戦は残り6試合と佳境を迎えている。現在勝ち点66で2位の磐田は、J1自動昇格圏を死守する戦いが続くが、次節は指揮官不在で戦うことになった。

[MOM1520]埼玉栄MF塩川尚輝(3年)_SBから待望のSH復帰、2得点1アシストの活躍で白星もたらす

元の記事へ移動

[MOM1520]埼玉栄MF塩川尚輝(3年)_SBから待望のSH復帰、2得点1アシストの活躍で白星もたらす
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.12 全国高校選手権埼玉県予選決勝T2回戦 埼玉栄高 5-1 川越東高 埼玉スタジアム第4G]

 待望のポジションに“復帰”したMFが2得点1アシストの活躍で逆転勝ちに貢献した。埼玉栄高は選手権予選開幕1か月前にU-17日本代表FW高橋利樹(3年)が左腕を骨折したため、急遽、右SBを努めていた塩川尚輝(3年)をSHへコンバート。元々右SHが本職で、豊富な運動量を活かすためにSB起用されていた塩川だが、「右SHをやりたいなと思っていた」という。本人にとっては選手権を前に願ってもない再コンバート。その背番号2のSHがこの日は攻撃力を発揮した。

 まずは0-1の前半15分、スルーパスでFW森山虎太郎の同点ゴールをアシスト。すると、後半9分には左SB飯田勇吹(3年)の右CKを「前半、上手く入れなくて決定機も1本外していてチームに迷惑かけていたので、試合は自分で決めたいと思っていた。良いボールが上がってきた。練習であの形ずっとやっていて触るだけでした」とGKの前に飛び込んで勝ち越しゴールを決めた。

 さらにその1分後には右サイドを抜けだした高橋の折り返しを右足でゴールへ沈めて連続ゴール。この日は高橋と両翼を担ってプレーしたが、「利樹が左でほかのチームからも注目されて、『右はいいんじゃね』と思われても悔しいので、自分が右で何とかしなくちゃいけないという気持ちがある」という塩川が、怪我を抱えるエース以上の活躍を見せて白星をもたらした。

 埼玉栄中時代にサポートしてもらったトレーナーに憧れ、理学療法士を目指している。そのため、本格的なサッカーは高校まで。その後は専門学校に通いながら、夢に向かって努力することに集中するという。

 今は仲間たちとともに1試合でも多くの白星を勝ち取り、喜ぶこと。稲垣忠司監督が「高橋利樹が怪我した関係で前に動かしたらフィットした」と塩川のSH起用への手応えを口にする中、塩川自身もSHとしてひとつでも多くの得点に絡むつもりでいる。「毎試合、毎試合チームの勝利に貢献したい。SHはゴールも、点に関わることも仕事だと思うので、点も狙って行きたいし、アシストもしたい」。待望の右SHのポジションを得たMFがこれから、さらに躍動する。

[写真]後半10分、埼玉栄は塩川がこの日2点目のゴール

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

ラグビー日本代表に共鳴…なでしこ佐々木監督「感動した」

元の記事へ移動

ラグビー日本代表に共鳴…なでしこ佐々木監督「感動した」
 日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督が来夏のリオデジャネイロ五輪を目指して契約を更新し、11年女子W杯ドイツ大会以来となる世界一を目標に掲げた。

 08年からなでしこジャパンを指揮する佐々木監督は11年女子W杯で初優勝に導き、12年ロンドン五輪でも女子サッカー初のメダルとなる銀メダルを獲得した。大会連覇を目指した今年の女子W杯カナダ大会でも準優勝。主要3大会連続でファイナルまで勝ち進んだ。

 それでも「ここ2大会、シルバーチャンピオンで終わっているなでしこをゴールドチャンピオンにしたいという思いが高ぶったので、契約させていただいた」と、あくまで目標は世界一。来夏のリオ五輪を見据え、まずは来年2~3月に大阪で開催されるアジア最終予選を突破することが目標となる。

 前日13日にはラグビーW杯イングランド大会で3勝を挙げたラグビー日本代表が帰国。大会初戦では優勝候補の南アフリカを破るなど世界を驚かせた名将エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)と過去に対談したことがあるという佐々木監督は、エディージャパンの活躍にも刺激を受けたようだ。

 エディーHCは日本人の特長を生かした「Japan Way(ジャパンウェイ)」を提唱し、W杯で大きな成果を挙げたが、日本サッカー協会も「ジャパンズウェイ」という日本が目指すべきスタイルを掲げている。実際、なでしこジャパンは日本らしいサッカーで世界を席巻し、11年女子W杯で頂点に立った。

 佐々木監督は「(ラグビー日本代表の試合は)全試合、テレビで見させてもらったが、この4年間で非常に良いチームをつくり、『ジャパンズウェイ』らしく戦う姿勢を見せていただいた」と述べ、「僕自身も感動したし、僕ももっともっとなでしこの特長を生かした質の高いサッカーを次回の大会で見せられればと感じた」と、決意を新たにしていた。

 12年4月からチームを率い、今大会を最後に退任するエディーHC。「前に対談したとき、『佐々木はよくそんなに長く(監督を)やれるな。プレッシャーはないのか? 僕は4年だ』と冗談で言っていたけど、本当に4年で終わって、非常に惜しい監督だなと」と、過去のエピソードも明かした佐々木監督。自身は来年でなでしこジャパンの監督として9年目に突入する。

(取材・文 西山紘平)

[選手権予選]U-17代表に選ばれた理由考えプレーに活かす埼玉栄FW高橋、怪我乗り越えて全国へ

元の記事へ移動

[選手権予選]U-17代表に選ばれた理由考えプレーに活かす埼玉栄FW高橋、怪我乗り越えて全国へ
[10.12 全国高校選手権埼玉県予選決勝T2回戦 埼玉栄高 5-1 川越東高 埼玉スタジアム第4G]

 埼玉栄高のエース、U-17日本代表FW高橋利樹(3年)は左腕に包帯を巻いたままのプレー。約1か月前の県1部リーグ戦で骨折した腕は折れたままで、プレートで固定している状態だという。それでもサイドからのスピードに乗った突破でチャンスメーク。後半10分には右サイドからのラストパスでMF塩川尚輝(3年)のゴールをアシストした。

 だが、この日は後半に迎えたビッグチャンスで決めきれなかったことが尾を引いてか、後半30分には独走してGKと1対1になりながらもラストパスを選択してしまい、無得点に終わってしまった。復帰後2試合はいずれも無得点。本人も「焦りはあります。取りたかった」と悔やむ結果となった。

「全然です」。元々全治8週間と診断されており、まだ受傷日から5週間弱。コンディションはベストに程遠い。それでも埼玉栄が2度目の全国切符を勝ち取るためには、今年1月のU-17日本代表ベラルーシ遠征メンバーに招集され、ゴールも決めた俊足アタッカーの活躍が欠かせない。その自信を持つスピードや、「2人ついてきていても背後に出てきたボールで置き去りにできるようなプレーは身につけてきたと思う」というプレー、そしてゴールを見せられるか。

 U-17日本代表に初招集された際は「代表呼ばれたのにこんなにテクニックなくてもいいのか。自分で練習とかでも違いを出さないといけないと思った」と悩んだという。だが、自分の持ち味を再確認。「今はどういうところで選んでもらったのかというのをよく考えた上でプレー出来ていると思います。背後のつき方とかそういうスピードとかで選んでもらったのかなと思っています」。その持ち味をこれから最大4試合ある選手権予選で発揮し、負傷を乗り越えて頂点に立つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

明治安田J1 2nd第14節 横浜FM戦を生中継!スタジアムに行けない人はスカパー!で

元の記事へ移動

2015年10月16日明治安田J1 2nd第14節 横浜FM戦を生中継!スタジアムに行けない人はスカパー!でスカパー!では、ヴィッセル神戸リーグ戦を全試合生中継!スタジアムに行けない人は、スカパー!でヴィッセル神戸を応援してください!生中継10/17(土)横浜F・マリノスvs.ヴィッセル神

Jリーグがゲームのライセンス事業会社の株式取得

元の記事へ移動

 Jリーグは14日、株式会社Jリーグメディアプロモーションと共同で、ゲームライセンス事業会社である株式会社エス・アール・ピーの株式を取得することで内定したと発表した。10月30日付けで取得し、11月1日より株式会社Jリーグデジタルエンタテインメントとして船出する。代表取締役社長は、Jリーグメディアプロモーションの小西孝生代表取締役社長が兼務する。

 エス・アール・ピーは主に国内、海外サッカー等に登場する、実在するクラブやチームのエンブレム、選手肖像などをソーシャルゲームや家庭用ゲームなど様々なゲーム上で再現する事業を行っていた会社。今後はJリーグが推進するデジタル戦略の一環として、データ、静止画、動画など多様なコンテンツを融合し、魅力的なサッカーゲームの開発や商品化を進めるとともに、放送やインターネット通信等、各種メディアとの連携を強化し、新規顧客へのアプローチを推進することを目指す。

6分の2を争う五輪予選へ…佐々木監督「優勝してリオに」

元の記事へ移動

6分の2を争う五輪予選へ…佐々木監督「優勝してリオに」
 日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督が来夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指し、日本サッカー協会との契約を更新した。

 リオ五輪のアジア最終予選は来年2月29日から3月9日までの日程で大阪で開催される予定。日本、オーストラリア、北朝鮮、中国、韓国、ベトナムの6チームが総当たりのリーグ戦を行い、上位2チームが五輪本大会に出場する。

 地元・大阪で行われるセントラル方式の最終予選を佐々木監督は「非常に意味のある予選」と位置づける。「生のなでしこジャパンを親善試合ではなく、スペクタクルな予選で見ていただく。そこは心して、しっかり優勝してリオに行くために準備していきたい」と抱負を述べた。

 ホームアドバンテージがあるのは間違いないが、アジアのライバル国も着実に力を付けている。日本が準優勝した今年7月の女子W杯ではアジア勢が躍進。日本のほか、オーストラリア、中国、韓国の4チームが決勝トーナメントに進出し、オーストラリア、中国は8強入りを果たした。中国は準々決勝で、優勝したアメリカに0-1と善戦。オーストラリアと対戦した日本は後半42分にFW岩渕真奈の劇弾でからくも1-0で競り勝った。

 さらに今年8月の東アジア杯では北朝鮮、中国、韓国と対戦。若手主体の国内組というメンバー構成だったとはいえ、北朝鮮に2-4、韓国に1-2と連敗し、1勝2敗の3位で大会を終えた。「アジアのチームは我々を含め、相対的に特徴を把握している」と、お互いに熟知し合っているのが現状だ。唯一、監督が交代した中国に関しては「ちょっと調べないといけない」と言及したが、それも「スタイルやメンバー構成は調査済み」と力説する。

「相手の分析もそうだが、いかに2月末までに自分たちのチームのコンディションを上げていくかに尽きるかなと思う」。国内リーグはオフシーズンの時期に開催される最終予選。対戦相手よりも、まずは自分たちのコンディショニングが重要なポイントになりそうだ。

(取材・文 西山紘平)