〔天皇杯敗退〕石井監督のミスを、チーム全体で取り返すしかない!

元の記事へ移動


スタメン選択、ベンチメンバー選択、
交代枠を1つ残しての120分終了…。


昨日の天皇杯の試合内容自体も、
正直私には『引き分けが妥当』と
映っていた。


これでは「石井監督の采配で負けた」
と言わざるを得ない。



今朝、試合後に石井さんがサポーターの前に
挨拶(謝罪)をしに行った、と聞いて
いなければ、今頃怒りで一杯だったろう。


あまりにつまらない形で(=ベストメンバーを
使わず負けた、という意味) 国内3冠という
目標が、あっけなく消えてしまい憂うつだが、


石井監督の“新米ゆえの初歩的ミス”は、
今までの試合でも数度見てきたし、


「実際に監督になると、全然違うのだろう」
と、これはもう割り切るしかない。


石井さんが、昨日の敗戦の大きな責任を
重々痛感している様なので、
今後に生かしてもらうのみだ。



ちなみに、レギュレーションがやや複雑
なので、再整理すると、


来年のACLに鹿島が出るには、
2ndステージを獲ってチャンピオンシップ
への出場権を獲得し、


そのうえで、チャンピオンシップの決勝に
進出するしか、現実的な道はなくなった。
(勿論、そこが最終目標ではないが)



『鹿島らしさ』については、色々な人が
色々な解釈をしていて、別に複数あって
構わないと思うが、


私の思う重要な『鹿島らしさ』に、
「目標に向けて“この道しかない”
となった時、それが恐ろしく狭くとも
成し遂げてしまう」がある。


最も象徴的なのは2007年リーグ戦だが、
そもそものJオリジナルメンバー参入から
そういった道を、何度も突き抜けてきている。


地味な所では、ナビスコ杯の途中でも
「アウェイで2点差で負け、ホームで
3点差以上で勝つしかなかった場合に、
実際に3点差で勝った」ケース等も多い。



昨日の敗退で、最低限獲得したいACLの
出場権を得られる道が一気に狭くなった感は
否めないが、


こういう追い詰められた状況になった時に、
驚異的な粘り腰や反発力を発揮できれば、
「今回の鹿島復活も本物だ」と言えるろう。



私はこれを実際にやっている(た)人を
一切存じないけど、次の柏戦から『全勝
ゲーフラ』を、私の心の中では掲げる事
にします。


選手・監督らも、それ位の“強い気持ち”
で、残りの1試合1試合を戦ってもらい、
実際に、残る全試合で勝利して、


その結果として、来季ACL出場権と
国内2冠がついてくる戦いをするしかない!!
今後、全ての試合を勝ち続けるぞ!!



スナイデルもファン・ペルシーも代表引退を否定、「逃げ出すような人間じゃない」

元の記事へ移動

スナイデルもファン・ペルシーも代表引退を否定、「逃げ出すような人間じゃない」
 フェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが代表を引退するつもりはないと語った。『テレグラフ』の内容を英『スカイスポーツ』が伝えている。

 オランダ代表は13日に行われたEURO2016予選でチェコ代表に2-3で敗戦。2点の先行を許すと、相手の退場で数的有利に立ちながらもファン・ペルシーのオウンゴールで0-3に突き放される。その後にFWクラース・ヤン・フンテラールのゴールとファン・ペルシーの追撃弾で1点差に迫るも2-3での敗戦となった。その結果、グループ4位になると、1984年大会以来、8大会ぶりに予選敗退している。

 8大会ぶりの予選敗退に蘭紙は「オランダサッカーの崩壊」などと辛らつな言葉を並べたが、ファン・ペルシーは「僕はこの困難な状況から逃げ出す人間ではない」とキッパリ。「自分の感覚としてはまだまだやれると思っている。オランダ代表に選ばれることは良い時でも悪い時であっても光栄なものだ」と力を込めた。

 また、オランダ代表のキャプテンであるMFヴェスレイ・スナイデル(ガラタサライ)も「オランダ代表を引退したりなどしないよ。まだまだ僕のコンディションはとても良いんだ」と話している。

●EURO2016予選特集

バルデス代理人が移籍示唆も「スペインへは行かない」

元の記事へ移動

バルデス代理人が移籍示唆も「スペインへは行かない」
 マンチェスター・ユナイテッドに所属するGKビクトル・バルデスは今冬にスペイン以外の国へ移籍し、クラブを去ることになるようだ。バルデスの代理人が明言した。英『BBC』が報じている。

 2014年6月の契約満了に伴い、バルセロナを退団したバルデス。3月に右膝前十字靭帯断裂を負っていた影響で移籍先が見つからず、ユナイテッドで練習を重ね、怪我が癒えた2015年1月にユナイテッドと1年半の契約を結んだ。しかし、昨季はGKダビド・デ・ヘアの控えにとどまり、十分な出場機会を得ることはできなかった。

 そのような状況下、8月上旬にルイス・ファン・ハール監督は「セカンドチームでプレーすることを拒否した」とバルデスをセカンドチームへ“追放”。事実上の戦力外通告を受けた守護神は今夏に移籍を模索。ベジクタシュへの移籍が浮上するも実現しなかった。さらに現在はトップチームと練習場で顔を合わせることさえも禁止されているようで、独りでの練習を強いられている。

 代理人のヒネス・カルバハル氏がラジオ『マルカ』で「彼は1月に移籍できるチャンスがある。どこに行くことになってもね」とコメント。

 イングランド国内への移籍が禁止されているとの報道がある一方で、リバプールニューカッスルが興味を持っているともいわれているが「ビクトルはスペインには行かないよ。彼がそう望まないかぎりね。彼には自分に合った場所を見つける必要がある」と語っている。


●プレミアリーグ2015-16特集

10月18日 石川直樹選手 イオン富谷店 スペシャルトークショー出演のお知らせ

元の記事へ移動

10月18日(日) イオン富谷店にて、石川 直樹選手の『スペシャルトークショー』を開催します。MCには村林 いづみさんを迎え、『サイン会&握手会』『グッズが当たるじゃんけん大会』も開催!皆様のご来店お待ちしております。【場所】 イオン富谷店 1F食品売り場催事場内特設会場

メッシはおこりんぼう? スアレスがプレゼントしたパジャマが話題に

元の記事へ移動

メッシはおこりんぼう? スアレスがプレゼントしたパジャマが話題に
 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがチームメイトのウルグアイ代表FWルイス・スアレスにもらったパジャマを公開した。自身の『インスタグラム』で披露している。

 メッシがスアレスからプレゼントされたのは、ディズニー映画の『白雪姫』に出てくる七人の小人のうちの一人、“おこりんぼう”がプリントされた緑色のパジャマだった。

 上下ともにパジャマを着用し、腰に手を当てた写真を投稿したメッシは「友達のルイス・スアレスからパジャマをもらったよ!!でも何で“おこりんぼう”なんだろう」と笑い泣きした絵文字入りで綴っている。

 この投稿はスペイン『アス』など国内メディアのみならず、イングランドや欧州複数メディアで取り上げられている。

[写真]メッシが自身の『インスタグラム』に投稿した写真(@leomessi on Instagram)

明治安田生命J12nd 第15節対広島戦 はくばくスペシャルマッチ 「ベルマーク収集による被災地復興支援」実施のお知らせ

元の記事へ移動

この度、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節対サンフレッチェ広島戦【はくばくスペシャルマッチ】(於:山梨中銀スタジアム10月24日(土)14:00キックオフ)におきまして、毎年実施しております「ベルマーク収集による東日本大震災被災地復興支援」を実施します。 ベルマーク

第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会について

元の記事へ移動

第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の組み合わせが決定しましたのでお知らせいたします。【大会名】 第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会【2回戦】 ベガルタ仙台レディース vs ( JAPANサッカーカレッジvs常葉学園橘高校の勝者 ) [日時] 2015年11月14日(土) 11