改めて証明した存在価値…U-23代表MF矢島「使いやすい選手になれる」

元の記事へ移動

改めて証明した存在価値…U-23代表MF矢島「使いやすい選手になれる」
[5.11 MS&AD杯2016 U-23日本代表 3-0 ガーナ代表 ベアスタ]

 鮮やかな2発でチームを勝利に導くだけでなく、複数ポジションをこなす万能性を披露して、U-23日本代表MF矢島慎也は改めて自身の存在価値を証明した。

 ガーナ戦ではU-23代表不動の10番であるMF中島翔哉(FC東京)が負傷のため招集外となり、矢島は背番号10を背負うことになった。今季から岡山でつける番号だが、「代表で10番を背負うのは違う。あまり考え過ぎるとプレッシャーになるので、あまり考えないようにしました」と苦笑。しかし、その期待に見事に結果で応えた。

 左サイドハーフの位置で先発すると、前半11分に先制点を叩き込む。右サイドから流れてきたボールに対して、「左サイドのあの角度はチームで練習しているし、あの軌道で蹴ろうと思った」と右足で合わせると、鮮やかな軌道を描いたボールはネットを揺らした。

 さらに前半15分には右サイドを駆け上がったDF伊東幸敏(鹿島)のピンポイントクロスを右足ダイレクトで合わせて2点目を奪取。「相手のクロスの対応に隙があるので、逆サイドから入ることを意識していたし、1点目を取って力まずに合わせることができた」と華麗な一撃を振り返ると、「点に絡めるという違いを見せられるサイドハーフで点を取れたのは大きかった」と胸を張って答えた。

 後半13分にはポジションをボランチに移す。試合状況に応じて細かくポジショニングを変え、時には最終ライン近くまで降りてボールを呼び込んでは左右にパスを散らして攻撃にリズムを生んだ。

「これからメンバーが絞られていく中で、複数ポジションをこなし、さらにそのポジションで質の高いプレーができれば、監督にとっては使いやすい選手になれると思う」。得点に絡む力、そして複数ポジションをこなす能力。手倉森ジャパン発足当初からの常連メンバーは、リオ五輪本大会メンバー入りに向けて改めて自身の力を示した。

(取材・文 折戸岳彦)

●リオデジャネイロ五輪特集

ケイマン祝砲と、我が家のゆりかごダンス

元の記事へ移動

技ありループでした。ガーナの守備が緩かったということを多少差し引いても、あの落ち着き。 それに後半の立ち上がりに見せた金森へのラストパスや、同僚・前田直輝に落とした胸トラップがさらに印象的でした。 富樫敬真、ついに代表初出場を果たし、初ゴールです。最後の最後で、五輪代表のメンバー争いに堂々と名乗りをあげたと言えると思います。ただ、本番のメンバーは予選よりも5名も少ない18名。 繰り返しているように、久保や南野、浅野は実績から言ってアクシデントがない限り選ばれるでしょう。そこにOA枠が適用されれば、さらに狭き門となります。FW枠は4あるとしても、ひょっとするとすでにアクシデントを待たなければならない状況かもしれません。 でも、生き残った。前線では一人だけ別の輝きを放っていたとさえ感じました。次はトゥーロン国際のメンバーに選ばれるかがポイントです。 4年前で言えば齋藤学が、オランダ戦でゴールを挙げロンドン五輪メンバーに滑り込むきっかけとなりました。いつもメンバー選考の上で、何かがあるのがこの大会です。 選ばれれば3試合がタイトな日程で行われるため、仮に実績豊富な欧州組が合流しようとも、確実に出番はあります。 日の出の勢いのケイマンにとっては、何かを起こせる予感は十分。 前田は5人目の交代枠で後半半ばからピッチへ。ケイマンの落としをダイレクトで狙ったいいシュートは鋭かったのですが、わずかにバーの上。そのほか、良くも悪くも独り善がりなドリブルが見られ、前田、調子は悪くないぞ、と。ちょっとアピールする時間が足りなかったかもしれませんが、消耗戦になった時にスーパーサブとしてドリブルで相手守備をかき回せるという役割を期待されているのでしょうか。今回は追加招集でしたが、前田にももう一度チャンスがあればと思います。もう少し、周りを見る余裕が欲しいのは事実。 しかしながら、代表戦でマリノスの選手2人が同時ピッチとか胸アツ。恐らくですけど、4年前のトゥーロン、オランダ戦で学と比嘉祐介が同時先発したのが最後じゃないですかね。あの日は、左サイドがフルボッコでした…。 マリノスでの試合ですが、トゥーロン大会にメンバー入りすると、5/21〜29までが大会のスケジュールですので、神戸、ナビスコ新潟、柏の3試合は欠場確定となります。 前線に課題ありの中で、離脱の影響は大きいですが、一回り大きくなって帰ってきてくれることを期待しましょう。 さて、記事更新が滞ってしまいましたが、最後にご報告です。実は、マリノスサポーターが一人増えました! と言っても何のことか分かりませんね。先週末に第2子の男の子が産まれまして、バタバタとしておりました。いや、私は暇だったので甲府戦も上の息子と行かせてもらったんですけど。学のゴールの時はスタンドでゆりかごダンスもしてました笑。 6月の川崎戦か、FC東京戦あたりでデビューできたら最高なんですけど。暫くはアウェイは大人しくしておきますが、1〜2年後には立派なサポーターに育てたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。 時の流れは早いもので、上の子は来年にはネンチケデビューです。甲府戦前に行われたようなサッカー前座試合体験や、選手と手を繋いでの入場に今から夢を馳せています。 そろそろ鹿島戦に向けて、頭を切り替えていきます。 皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。

大久保、左足裏内出血も古巣神戸戦は「やるやる」

元の記事へ移動

川崎F・FW大久保が11日、川崎市内での練習後、左足裏が内出血していると明かした。今季7得点目となる勝ち越し弾を決めた8日の柏戦で痛め、前日10日の病院での検査で内出血が認められたという。 古巣神戸との14日のホーム戦については「やるや…

横浜栗原、14日鹿島戦で1年ぶり先発「チャンス」

元の記事へ移動

“ハマの番長”が約1年ぶりに先発復帰する。横浜のDF栗原勇蔵(32)は11日、横浜市内の練習で主力組の右センターバックに入った。モンバエルツ監督は14日のアウェー鹿島戦での栗原の先発を明言し、昨年4月18日の浦和戦以来の先発が確実となっ…

ベンテケAT同点弾! リバプールがホーム最終戦で意地見せチェルシーとドロー決着

元の記事へ移動

ベンテケAT同点弾! リバプールがホーム最終戦で意地見せチェルシーとドロー決着
[5.11 プレミアリーグ第30節延期分 リバプール1-1チェルシー]

 プレミアリーグは11日、第30節延期分を行い、アンフィールドではリバプールチェルシーが対戦し、FWクリスティアン・ベンテケのAT弾で1-1の引き分けに終わった。

 8位リバプール(勝ち点58)は9日の第37節ワトフォード戦から8人を変更し、MFジェームス・ミルナーが先発復帰するなどベストメンバーで臨んだ。対する9位チェルシー(勝ち点48)はDFジョン・テリーが出場停止で、FWジエゴ・コスタが負傷欠場。代わってMFジョン・オビ・ミケルがセンターバックで起用され、前線にはMFベルトラン・トラオレ、GKティボー・クルトワがベンチ外でGKアスミール・ベゴビッチが入った。

 積極的な入りを見せたリバプールは前半5分、PA内左に侵入したDFアルベルト・モレノの折り返しを受けたMFコウチーニョが決定的なシュートを放つも、DFアブドゥル・ラフマン・ババのブロックに遭う。同20分には、FWダニエル・スターリッジのスルーパスに抜け出したFWロベルト・フィルミーノがPA内左に侵入。GKベゴビッチをかわして左足シュートを放つも、角度はなく、枠を捉えることができなかった。

 すると、流れは徐々にチェルシーに傾く。迎えた前半32分、左サイドでドリブル突破を図ったMFエデン・アザールがPA内左へ侵入し、相手DFを壁にして正確なシュートをゴール右隅に流し込んだ。後半11分にも、アザールが個人技でシュートまで持ち込むも、GKシモン・ミニョレに止められる。直後にMFウィリアンを下げてFWケネディを投入し、攻勢を強めた。

 しかし、終盤に向かってリバプールが反撃に出る。後半16分、MFアダム・ララナのスルーパスを受けたスターリッジがPA内右から右足で放ったシュートはGKベゴビッチの好守に阻まれる。同44分にはカウンターから決定的な場面を作られたが、FWペドロ・ロドリゲスの左足シュートをGKミニョレがファインセーブ。これで勝ち点獲得へ望みをつなぐと迎えたアディショナルタイムに同点に追いつく。

 後半アディショナル2分、左サイドからMFシェイ・オジョが上げた鋭いクロスをGKベゴビッチが中途半端に弾き、ゴール前に詰めていたベンテケが頭で難なく押し込み、1-1。ホーム最終戦となったリバプールが土壇場で同点に追いつき、中位同士の強豪対決はドロー決着となった。

●プレミアリーグ2015-16特集

ゲキサカ秘蔵写真[2012.5.12]香川真司(ドルトムント)

元の記事へ移動

ゲキサカ秘蔵写真[2012.5.12]香川真司(ドルトムント)
[写真]MF香川真司はシャーレを掲げた

【2012年5月12日】ドルトムントが23年ぶり3度目の頂点!!表彰式で歓喜(12枚)
[5.12 DFBポカール決勝 ドルトムント5-2バイエルン]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)決勝が12日に行われた。MF香川真司の所属するドルトムントバイエルンと対戦し、5-2で勝利した。ブンデスリーガに続いての2冠を達成。香川は今季最後の公式戦となったファイナルの大舞台で1得点1アシストの活躍をみせ、今季公式戦通算17得点と記録を伸ばした。

その他の写真はこちらから↓
ドルトムントが23年ぶり3度目の頂点!!表彰式で歓喜(12枚)
香川が1得点1アシスト、今季ラストの公式戦で有終の美(4枚)
ドルトムントが5発勝利、レワンドフスキがハットトリック(12枚)
バイエルン、フルメンバーで臨むも5失点敗戦で準V(12枚)

 ゲキサカは2016年4月17日でサイト開設から10周年を迎えました。この10年でサイト内に蓄積された写真は実に30万枚以上。過去の秘蔵写真の中から毎日1枚ずつ選んで紹介する10周年特別企画「●●年の今日の1枚…30万枚のアーカイブから選んだ秘蔵写真」をお届けします。
※選手名やチーム名の表記、肩書、所属チーム等は掲載当時のもの