ペップ、有終の2冠!!香川ドルトはPK戦の末、無念の3年連続準V

元の記事へ移動

ペップ、有終の2冠!!香川ドルトはPK戦の末、無念の3年連続準V
[5.21 DFBポカール決勝 バイエルン0-0(PK4-3)ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)決勝が21日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催され、MF香川真司の所属するドルトムントバイエルンと対戦した。香川は公式戦9試合ぶりのベンチスタートとなり、延長後半開始から途中出場。試合は0-0のまま延長戦でも決着が付かず、PK戦にもつれ込むと、バイエルンがPK4-3で死闘を制し、2年ぶり18度目の優勝を飾った。ドルトムントは無念の3シーズン連続準優勝となった。

 前人未到のブンデスリーガ4連覇を達成し、2シーズンぶりの国内2冠を目指すバイエルンは、来季からマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督にとってのラストゲーム。一方、3年連続のポカール決勝で4シーズンぶりの優勝を狙うリーグ2位のドルトムントは、来季からバイエルンに移籍するDFマッツ・フンメルスもキャプテンマークを巻いて先発した。

 バイエルンは前半4分、FWトーマス・ミュラーが右足ミドルを狙うが、ゴール上へ。同22分にはMFダグラス・コスタの左CKにミュラーが頭で合わせたが、枠を捉えられない。同33分、右サイドからカットインしたダグラス・コスタの左足ミドルはGKロマン・ビュルキがかろうじて弾き出した。

 なかなかチャンスをつくれずにいたドルトムントも前半43分、セットプレーからMFヘンリク・ムヒタリアンの左クロスをDFルーカス・ピシュチェクが頭で折り返し、DFスベン・ベンダーが右足ボレーで狙ったが、惜しくもミートし切れず、GKマヌエル・ノイアーがキャッチした。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりもバイエルンが主導権を握る。しかし、ドルトムントも押し込まれながら最後のところで体を張って守り、後半12分にはカウンターからMFマルコ・ロイスがドリブルで駆け上がり、PA内右でラストパスを受けたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが右足を振り抜いたが、クロスバーを越えた。

 ボールポゼッションを高め、ドルトムントに圧力をかけていくバイエルン。ドルトムント守備陣も粘り強く耐えるが、後半27分にはフンメルスが右足をつって倒れ込んだ。結局、フンメルスは同33分にDFマティアス・ギンターと交代。苦しい展開を強いられるドルトムントは後半40分、カウンターからドリブルで持ち上がったDFソクラティス・パパスタソプロスが右サイドに展開し、ピシュチェクのアーリークロスにオーバメヤンが右足ボレーで合わせたが、枠を捉え切れなかった。

 絶好機を生かせなかったドルトムント。対するバイエルンも圧倒的にボールを保持しながら1点を取り切れない。試合は0-0のまま90分間を終え、延長戦に突入。ドルトムントは延長後半開始からMFゴンサロ・カストロに代わって香川が入り、交代枠を使い切る。両チームの選手が次々と足をつり始める中、互いに一歩も譲らない死闘は結局、PK戦へもつれ込んだ。

 先攻のドルトムントは1人目の香川が真ん中に決めて成功するが、2人目のベンダーがノイアーに止められると、3人目のパパスタソプロスもゴール左に外す痛恨の失敗。後攻のバイエルンも3人目のDFジョシュア・キミッヒがビュルキに止められたが、残り4人が全員成功し、4-3でPK戦を制した。バイエルンは2シーズンぶりの国内2冠を達成。今季限りで退任するグアルディオラ監督のラストゲームで有終の美を飾った。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集

[5月22日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW水永翔馬(金沢、1985)*フィジカルが強く、体を張ったポストプレーや打点の高いヘディングが持ち味のFW。
DFユン・シンヨン(山口、1987、韓国)*U-20韓国代表に招集歴があり、高さと強さが売りのCB。
FWウィリアンス(松本、1988、ブラジル)*スピードとハードワークが武器のFW。
GK高木駿(川崎F、1989)*明治大出身。瞬発力と反応の鋭さ、左足キックの精度も高いGK。
FW安柄俊(金沢、1990、北朝鮮)*高い跳躍力を生かした空中戦の強さに加え、技術的にも優れる万能型のストライカー。
DF永坂勇人(札幌、1994)*長身で空中戦に絶対の自信を誇るCB。
DF麦倉捺木(水戸、1996)*柏U-18出身。スピードあるドリブル突破と左足でチャンスを演出する。
GK原田岳(横浜FM、1998)*横浜ユース所属。安定したキャッチングが持ち味。

World
MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン、1987、チリ)*視野が広く、運動量とボール奪取能力が高いMF。

Former
FWジョージ・ベスト(元マンチェスター・Uほか、1946、北アイルランド)*60年代後半のマンチェスター・Uを支えた伝説的ドリブラー。
FWイゴール・レディアコフ(元スパルタク・モスクワほか、1968、ロシア)*ロシア代表経験もある攻撃的MF。
DFカルロス・アギレラ(元A・マドリーほか、1969、スペイン)*A・マドリーで長らくキャプテンとして活躍した。

Others
嶋 大輔(俳優、1964)
ナオミ・キャンベル(モデル、1970)
ゴリ(ガレッジゼール:タレント、1972)
田中 麗奈(女優、1980)
原 史奈(女優、1981)

カイオ、ロスタイムV弾!鹿島暫定2位浮上「決定的な仕事できた」

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第13節第1日(21日、名古屋2-3鹿島、豊田)後半ロスタイムにMFカイオが決勝点。ブラジル出身FWの2点などで暫定2位に浮上し、「決定的な仕事ができたし、父の誕生日だったので得点できてよかった」。18日のナビスコ杯で湘南に逆転負けし、大会連覇の夢がついえた。タイトル獲得が義務付けられた強豪が粘った末に勝ち点3をゲット。首位川崎との勝ち点差を1に縮め、DF昌子は「残り試合全部勝って、上にプレッシャーをかけたい」と力強く語った。

大久保、不発に反省…川崎が2度目無得点試合で引き分け

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第13節第1日(21日、新潟0-0川崎、デンカ)今季2度目の無得点試合で新潟に引き分け。シュート2本のFW大久保は「あれだけサイドを崩しても、クロスを上げるのが遅いとDFに当たる」と反省点を挙げた。韓国代表GK鄭成龍の好セーブで勝ち点1を拾ったともいえる内容だったが、「よかったという人はいない。浦和は2試合消化が少ない。駄目だよ」と不満を口にした。

輪湖、小さな体投げ出しVヘッド!柏、上位戦線に残った

元の記事へ移動

 明治安田J1第1ステージ第13節第1日(21日、柏3-2福岡、柏)2-2の後半41分に左サイドのDF輪湖(わこ)がヘディングで決勝ゴール。「クロスが上がってくるのは分かっていた。勝ちたいという一心」と喜んだ。前半6分にMF武富のゴールで先制。だが、後半は目の色を変えてきた福岡に押され、逆転を許した。下平監督は「よく崩れずに立て直し、逆転までいった」。上位戦線へ、お立ち台に呼ばれた輪湖は「まだまだ勝ち続けましょう」と宣言した。

熊本、復帰後初のホーム戦へ 本拠地使えず…柏で水戸と対戦

元の記事へ移動

 J2熊本はJ1柏が拠点を置く日立柏サッカー場で22日、ホームゲームの水戸戦を行う。熊本大地震の影響で本拠地のうまかな・よかなスタジアムを使用できず、約1カ月ぶりのリーグ復帰戦となった前節(対千葉)は0-2で敗れた。元日本代表FW巻は「(震災後)初めてのホームゲーム。柏から熊本に勇気と希望を与えたい」と21日、決意を口にした。