甲府、残留へ大きな白星…MF稲垣が価値あるJ初ゴール!!

元の記事へ移動

[10.17 第2ステージ第14節 山形 0-1 甲府 NDスタ]

 J1は17日、第2ステージ第14節を行い、NDソフトスタジアム山形ではモンテディオ山形ヴァンフォーレ甲府が対戦し、甲府が1-0の完封勝利を収めた。勝ち点3を上積みした甲府は、残り3試合で降格圏との勝ち点差を「9」に広げて残留に大きく前進した。

 最初に好機を創出したのはアウェーの甲府だった。前半15分、左サイドのMF阿部翔平のクロスをFWバレーがドンピシャのタイミングでヘッドで合わせるが、シュートは好反応を見せたGK山岸範宏に弾き出された。さらに同21分にはDF山本英臣が蹴り出したFKからFW阿部拓馬がヘッドでゴールを強襲したが、またもや山岸に阻まれて先制点を奪うには至らない。

 甲府は前半33分にも好機を生み出したが、阿部拓のスルーパスから完全に抜け出したMFマルキーニョス・パラナが、狙いすまして放ったシュートは山岸の横っ飛びのセーブに遭ってネットを揺らせず。守護神の奮闘に応えたい山形攻撃陣だったが、なかなかシュートまで持ち込むことができずに前半終了のホイッスルが吹かれた。

 スコアレスのまま後半を迎えると、後半16分に甲府がついに山形ゴールをこじ開ける。左サイドから阿部翔が上げたクロスのこぼれ球に反応したFW稲垣祥が右足で蹴り込んで、スコアを1-0とした。このゴールは稲垣にとってJ1リーグ初ゴールとなった。

 反撃に出たい山形は後半20分にFWディエゴがミドルレンジからゴールを脅かすも、GK河田晃兵の横っ飛びのセーブに阻まれる。さらに同44分にはゴール前に走り込んだDF渡辺広大が狙ったが、ジャストミートしなかったシュートは河田の手中に収まった。最後まで粘りの守備を見せて虎の子の1点を守り抜いた甲府が1-0の勝利を収めた。5試合ぶりに黒星を喫した山形は残り3試合で残留圏の15位神戸との勝ち点差「8」のまま、次節は神戸との直接対決を迎える。


▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報


[選手権予選]「まずは県予選優勝」攻守にタレント揃う矢板中央、全国4強越え、その先への第一関門を9-0快勝:栃木

元の記事へ移動

[選手権予選]「まずは県予選優勝」攻守にタレント揃う矢板中央、全国4強越え、その先への第一関門を9-0快勝:栃木
[10.17 全国高校選手権栃木県予選2回戦 佐野東高 0-9 矢板中央高 日光丸山公園サッカー場]

 第94回全国高校サッカー選手権栃木県予選は17日、2回戦を行い、3連覇を狙う矢板中央高はFW森本ヒマン(3年)のハットトリックの活躍などによって佐野東高に9-0で快勝。矢板中央は24日の準々決勝で足利工大附高と対戦する。

 ともに184cmの長身を持つ星キョーワァン主将(3年)、川上優樹(3年)という高体連屈指のCBコンビとMF坪川潤之(3年)や森本ら全国上位と言えるほど充実したタレント。いずれもJクラブが注目していた彼らを筆頭にGK渡辺優三(2年)ら下級生含めてチームのスケール感は大きく、高橋健二監督は全国4強入りした09年度のチームと比較しても「タレントはあの時よりもいる。狙えるチームだと思います」と期待を寄せる。だが、夏の総体予選は決勝でライバル・佐野日大高の前に0-2で敗退しており、指揮官も「とにかく油断しないで、栃木を突破して全国へ行きたい」と県予選突破に集中。かつてFW富山貴光(現大宮)やFW湯澤洋介(現栃木)を擁した08年度は県決勝でシュート20本以上を放ちながら敗れ、全国ベスト4翌年で期待値の高かった10年度も県決勝で敗れているだけにスタッフ、選手に慢心はなく、川上は「(矢板中央は)『良い』『良い』と言われている時はあまり勝てていないらしいので。(だからこそ)自分たちは乗り越えて全国に行きたい」と誓った。

 その矢板中央の今大会初戦。雨の中で始まった試合は前半4分、矢板中央がいきなり試合を動かす。右SB古家秀太(3年)の右クロスをファーサイドの森本が圧倒的な打点から放ったヘディングシュートでネットを揺らす。さらに8分には左サイドから崩し、最後は森本が残したボールをMF伊藤心(2年)が弾丸ミドルで決めて2-0とした。この日対戦した佐野東は11年に佐野女子高から男女共学化された創部5年目のチーム。先発11人中8人が下級生という若いチームだったが、0-2からはかなり落ち着いて守ることができるようになり、1年生FW中野聖也のキープ力を活かした速攻からMF落合恵太(3年)やMF湧川マキシ(2年)までいい形でボールをつなぐなど攻め返す。

 だが矢板中央は取り組んできたテンポの速い攻撃でサイドへボールを運び、MF茂呂圭輔(3年)の突破や右SB古家のクロス、そしてセットプレー含めて発揮したゴール前での高さで相手をねじ伏せる。36分には右サイドを切れ込んだ古家の折り返しをFW澤野祐輝(2年)が右足シュート。このこぼれ球を澤野が自らゴールへ蹴りこむと、38分には古家の右アーリークロスをDFの背後から飛び出した森本が頭でプッシュして4-0と突き放す。さらにアディショナルタイム突入後の41分にも古家の高精度クロスからゴール前でDF2人に競り勝った茂呂が頭でゴールへ押し込んで5-0とした。

 川上と星を中心に相手の反撃を芽を早い段階で潰す矢板中央は後半、足を攣らせる選手が続出した佐野東からさらに加点する。6分に澤野が左サイド後方から蹴りこんだ右足FKがGKの頭上を越えてそのままゴール。13分には右クロスのこぼれ球を森本が豪快に左足で突き刺して7点目を奪った。そして25分には左CKから交代出場のFW大畑亜輝(3年)が8点目。そして37分には坪川の右CKを川上が頭で決めて9-0で試合を終えた。

 県2冠を獲得して迎えた総体予選は決勝で敗退。星は「決定力が欠けていて、取れるところで取れなくて、負けパターンにハマってしまって負けてしまった」と振り返る。フェスティバルでも結果を残すなど、全国的にも評価の高かった春からまさかの予選敗退。チームリーダーの星が「自分らの中でもどこか心の甘さがあった。チームとしての甘さと個人としての甘さが出た大会だったと思います」と反省する総体予選からチームは危機感をもって成長を目指してきた。その成果は確実に実となり、この日は個々の能力の高さと高橋監督が「ちょっと今までスピードが遅かった。最後スピードアップすることは意識してやっていました。手数かけて下げてどうのといういうところで結果が出ていなかったので、シンプルにやろうと」と説明したダイナミックな攻撃で圧倒。また、チームはこの試合では数が少なかったものの、左利きの司令塔・坪川が縦に割って入ったり、コンビネーションからゴールを奪う上手さも備える。

 全国総体準優勝の市立船橋高と練習試合で引き分けるなど、チームは手応えも掴んでいる。その力を全国で発揮するためにまずは何としても県予選を突破すること。高橋監督は「とにかく、いろいろな相手が精一杯やってくると思う。最後まで我々の諦めない粘り強いサッカーをやって、延長戦でも、PK戦でも結果を出せるように全員サッカーで頑張っていきたい」。そして川上は「全国でもいい勝負できると思う。練習試合も重ねてきたし、いい結果も出ている。連動のところがまだ甘いと思うけれど、この予選で直していければ全国でも行けると思います。まずは県予選優勝することだと思うんですけど、全国行ってウチのベスト4という目標を越えて準決勝、決勝と上がっていって全国制覇したいです」。課題はまだまだある。だが、予選の中でさらに成長を遂げて第1目標を達成し、全国で大暴れする。

[写真]矢板中央は前半アディショナルタイム、この日左サイドで存在感を発揮したMF茂呂がヘディングシュートを決める

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015


★Gステージ★

元の記事へ移動


みなさんこんばんは☆☆mikiです!★
今日も勝ちましたねーー!!!!
本当に勢いのある、そしてみんなで喜び合った勝利で今もまだ興奮しています(笑)
そして応援お疲れさまでした!☆
今日のGステージも元気いっぱいでしたよ☆
大阪府広報担当副知事のもずやんがチアキッズと一緒にめっちゃスマイル体操とめっちゃWAKUWAKUダンスを踊ってくれました!
かわいいゆるキャラに癒されるー♡♡
image image
私たちのパフォーマンスにもたくさんの
手拍子をしていただき盛り上がりました♪
image
そしてチアキッズのかわいい笑顔いっぱいのパフォーマンスにみなさんも笑顔に☆☆☆
Gステージはサポーターのみなさんとの距離が近いので表情もばっちり見えます♪♪
距離感が近い分私達のことも身近に感じていただけると嬉しいです★
たくさんのお友達にチアキッズ教室も
楽しんでいただけました♪☆
image image
いつもきてくれているお友達は回数を
重ねるごとにダンスも上達していました!!
参加してくれてありがとう!
またみんなで踊ろうねーーー!!★
そして今日も勝ったのでみなさんと喜びを分かち合う勝利後のGステージ!!◡̈⋆
タオルマフラーを使ってのパフォーマンスも
盛り上がってました!
image image
試合が始まる前も、みなさんと今から
声援を送って選手を後押ししましょうね!って
盛り上がるんですが、勝った後はより盛り上がって一緒に勝利を喜んでます♪
私はこの瞬間にガンバ大阪のチーム愛を
すごく感じますし、次も絶対に勝ちましょう!ってすごくパワーを頂いてます☆☆☆
本当に万博でのホーム戦も残りわずかです!
万博でのGステージも後数回ですので、
試合前にはぜひみなさん一緒に気持ちを一つにしてガンバ大阪を、万博を盛り上げましょう!!!★
そして勝利した後にはぜひ私達と一緒に
全力でガンバ大阪を応援したことを分かち合い喜び合いましょう(◡̈)/
いつも見に来てくださって、温かいお言葉や、名前を呼んでくれたり、覚えていただけてることがすごく嬉しいです!!
私達も毎回きてくれるお友達や、サポーターの皆さんのことは覚えてますよー☆☆
Gステージの最後にはガンバチアのメンバー紹介もしています!☆
みなさん名前を覚えたら気軽に呼んでいただけると嬉しいです!!
一人でも多くの方と一緒にGステージを通じて盛り上がれることを楽しみにしています!!★
次戦もガンバ大阪の勝利を願って
全力で応援しましょう♪♪
Go GAMBA!!!

image



「頭が真っ白」慶應大在学中の端山、残留争い大一番で値千金のJ初ゴール

元の記事へ移動

[10.17 J1第2ステージ第14節 新潟2-0松本 デンカS]

 慶應義塾大在学中の大学4年生がヒーローになった。年間15位のアルビレックス新潟はホームで年間16位の松本山雅FCと対戦し、2-0で勝利。残留争い直接対決を制し、J1残留に大きく前進した。

 決勝点を決めたのは背番号37。特別指定選手のMF端山豪だった。0-0で迎えた後半16分、左サイドでボールを受けると、ドリブルで一人かわして中に切れ込み、右足を一閃。弾丸ミドルがゴール右隅に突き刺さり、相手GKは一歩も動けなかった。

「シュートはずっと狙っていたけど、入った瞬間は何が起きたか分からなかった。ネットが揺れていたので、点を取れたんだなと。頭が真っ白になった」

 試合後のヒーローインタビューで初々しい笑顔を見せた端山は慶應義塾大在学中の4年生。今年8月に来季の新潟入団内定と特別指定選手承認が発表された。

 13年にユース時代に育った東京Vの特別指定選手としてJ2に7試合出場していた端山だが、今年9月12日の横浜FM戦に途中出場し、J1デビュー。続く9月19日の神戸戦でJ1初先発を飾り、この日が5試合目の出場、3試合目の先発だった。

 残留争いの大一番で決めた値千金の先制点がJリーグ初ゴール。「重圧のかかるゲームだったけど、サポーターの声援に後押しされて、最後まで集中できた」と、3万人を超える大観衆に感謝した。

 得点後はベンチの柳下正明監督のもとへ一直線。「練習で良くなかったり、試合で良くないときもあったけど、こうやって使ってもらって、感謝の気持ちが出た」。順位も13位に浮上し、降格圏との勝ち点差は残り3試合で「6」に広がった。スタジアムを歓喜と熱狂に包んだ22歳の大学生。チームをJ1残留へ導く大仕事をやってのけた。

[J1]第2ステージ第14節 スコア速報


大久保の155点目はGKの手前で急降下、GK林「イージーなミス」

元の記事へ移動

大久保の155点目はGKの手前で急降下、GK林「イージーなミス」
[10.17 J1第2ステージ第14節 広島2-1川崎F Eスタ]

 J1通算得点記録の更新に期待が集まる川崎フロンターレFW大久保嘉人の155点目は、不思議な軌道を描いたゴールになった。

 後半38分、DF武岡優斗からのパスを受けた大久保は、ミドルレンジから思い切って右足を振り抜く。すると一直線にゴール方向に向かったかと思えたシュートは、GK林卓人の前で急降下。行き過ぎてしまった林は弾くことが出来ず、ボールはゴール中央付近に吸い込まれていった。

 ただ、GK林はあくまでも、「イージーなミス」と反省する。「あそこに入ったらシュートを打たれるのは分かっていた」とすると、「その分、(自分の)準備が良すぎた」と表現。最後まで「イージーなミスだった」と自身のプレーを悔やんでいた。

(取材・文 児玉幸洋)
●[J1]第2ステージ第14節 スコア速報


2015サポーターズクラブポイント交換について

元の記事へ移動

内容?交換商品受付可能日10/18札幌戦11/8長崎戦11/14横浜FC戦(1)選手ハイタッチ&スタジアムツアー(7,000pt)○××(2)サイン入り選手モデル練習着&試合アップ前選手ハイタッチ(8,000pt)○××(3)サイン入り選手モデルユニフォーム&VIP観戦チケット(10,000pt)○○×(4)キックオ


山形vs甲府 試合記録

元の記事へ移動

【J1第2ステージ第14節】(NDスタ)
山形 0-1(前半0-0)甲府


<得点者>
[甲]稲垣祥(61分)

<警告>
[山]高木利弥(36分)

観衆:8,191人
主審:家本政明
副審:越智新次、塚越由貴

<出場メンバー>
[モンテディオ山形]
先発
GK 1 山岸範宏
DF 26 宇佐美宏和
DF 3 渡辺広大
DF 13 石川竜也
MF 22 キム・ボムヨン
(70分→DF 31 高木純平)
MF 5 アルセウ
MF 33 小椋祥平
MF 27 高木利弥
MF 24 ロメロ・フランク
(74分→MF 9 中島裕希)
MF 29 川西翔太
(64分→FW 34 高崎寛之)
FW 11 ディエゴ
控え
GK 21 中村隼
DF 4 西河翔吾
MF 15 宮阪政樹
FW 8 林陵平
監督
石崎信弘

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 21 河田晃兵
DF 41 土屋征夫
DF 4 山本英臣
DF 17 津田琢磨
MF 16 松橋優
MF 8 新井涼平
MF 6 マルキーニョス・パラナ
MF 27 阿部翔平
FW 23 稲垣祥
(90分+3→MF 7 石原克哉)
FW 9 阿部拓馬
(75分→FW 15 伊東純也)
FW 10 バレー
(78分→FW 19 盛田剛平)
控え
GK 1 荻晃太
DF 3 畑尾大翔
MF 18 下田北斗
MF 28 橋爪勇樹
監督
佐久間悟

▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報




鳥栖、名古屋ゴールをこじ開けられず…7戦未勝利も勝ち点1確保

元の記事へ移動

[10.17 第2ステージ第14節 鳥栖 0-0 名古屋 ベアスタ]

 J1は17日、第2ステージ第14節を行い、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖名古屋グランパスが対戦し、0-0で引き分けた。

 試合開始早々の前半1分、GK林彰洋のロングフィードから抜け出したMF水沼宏太がPA内に進入したがGK楢崎正剛に阻まれてシュートまで持ち込むことができず。対する名古屋は前半21分に決定機を創出する。自陣でボールを奪ったMF小川佳純からFW田中マルクス闘莉王、FW川又堅碁とつなぐと、川又のスルーパスからMF矢田旭が抜け出す。しかし、後方から戻ったDF菊地直哉にクリアされてシュートを打てなかった。

 スコアレスのまま後半を迎えると徐々に鳥栖が攻勢を強め、後半8分には相手DFのクリアボールを拾った水沼が右足で狙うも、ボールはゴール左へと外れた。さらに同23分には水沼のパスをPA内で受けたMF早坂良太がDF牟田雄祐に寄せられながらもシュートに持ち込むが、好反応を見せた楢崎にセーブされてしまう。なかなか名古屋ゴールをこじ開けられない鳥栖は同26分にFW豊田陽平、同32分にMF藤田直之、同34分にMF鎌田大地と次々と攻撃的なカードを切って状況を打開しようと試みる。

 後半40分には鎌田のパスから右サイドを駆け上がったMF吉田豊が右足で狙うもシュートは枠上に飛んでしまう。後半アディショナルタイムには名古屋がシュートチャンスを迎えるが、小川のパスから川又が左足で放ったシュートは林にキャッチされた。その後は鳥栖が名古屋ゴールをこじ開けようとするが、最後まで得点は生まれずに試合はスコアレスドローに終わった。年間順位14位の鳥栖は7戦未勝利となかなかトンネルから抜け出せないものの、貴重な勝ち点1を上積みした。


▼関連リンク
[J1]第2ステージ第14節 スコア速報


東京MF東、豪快ボレー弾も空砲「本当に悔しい」

元の記事へ移動

東京MF東慶悟(25)の同点弾は空砲となった。 1点ビハインドの後半5分、前線に放り込まれたボールを湘南DFが懸命に頭でクリア。こぼれ球が、後方で待ち受けた東のもとへ入った。胸トラップから右ボレーシュートでゴール右隅に突き刺す豪快な同点…